Loading

ブログ

スコープを決める!

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

 

大好きな10人の
ビジョン達成プロジェクトを
マネジメントする

 

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

 

最近、
有名女優とIT企業の社長の
熱愛報道がスクープされ
世間をにぎわしましたね。

IT業の社長、いいなぁ・・・

 

そんなIT業界の
流行りに
乗ったわけでは無いですが、

来週、IT企業の
若手社員と
座談会的な
イベントやります。

ここで知り合った
IT企業の若手社員が
将来社長になって
女優とくっついて

その女優との仲間との
合コンが開催されて
呼んでもらって・・・

そうして、
僕も女優とのスクープが・・・
・・・
・・・
・・・

いかんいかん、

間違ったビジョン(妄想)が
先走ってしまいました(^-^;

 

 

さて、今日は
スクープで無くて
スコープの話です(^-^;
(これが言いたかった)

 

プロジェクトマネジメントの
話でいうとココ↓。

何をどこまでやるか、
そして何をやらないか、
と言うように
作業範囲を決めることですね。

ここがなぁなぁだと

「やってくれるんじゃなかったの?」
「これくらいやってよ~」

なんて、お客様から言われ
自分の会社が損をすることに
なりかねません。

 

何をどこまでやるか
スコープをきっちりと
決めておくことは

提供物の
品質を担保したり、
納期を守ったり、
コストを守ったり
するためには不可欠ですね。

 

でも、よく
こんなこと言われます。


「お客様に言われたら断れなくて・・・」

 

確かに
それはそうだと思います。
今までずっと慣習で
やってきたことだと
変えにくいこともあります。

でも、一つ意識しておいても
良いことがあります。

 

かつて、IT企業で
プロジェクトマネージャをやっていた時に
上司から言われていたことですが、

受注側と発注側は契約の元に平等

お客様が上とか
サービスを提供する側が下とか
そういうの無いのです。

もし、
高いとか値段のことを言われたら
スコープ(作業範囲)を絞って
お金を下げることで

自社だけが損をすること無く
お客様の要求を満たす
得ることも可能です。
(値引きで無く、スコープの調整です)

 

これは
多分に理想論かも
しれません。

すぐにできない環境の人も
多いと思います。
(そんなことを言ったら
仕事がなくなってしまう
なんてことを言われる方も
多いかもしれません)

でも、スコープ(作業範囲)を
意識した
こういう考え方もあると
知っておくことで

お客様も自分達も
お互いが納得・満足する
形を作れる可能性が出てきます。

まずは適正なスコープを
意識して見ましょう。

 

スコープを決める!

 

 

スコープが決まったら
注力するところも決まるので
やりやすくなりますね。

そしていつかは
女優とのスクープ記事が・・・(以下自粛)

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日も一日頑張りましょう。
ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 続けるには理由があります
  2. プラスの影響力を広げる
  3. ドラゴンボールでは伝わらない
  4. 甘い計画で調子に乗ると泣くのは自分だ!
  5. あの日の忘れ物を取りに行こう
  6. 予想通りに行かなくても予想しよう
  7. 誰のためにやっているのかな~?
  8. 納得できる決断を
PAGE TOP