Loading

ブログ

お金をもらうための順番が違うんだねっ!

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

 

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

最近机で
ブログ書きながら
寝落ちすることが増えました(笑)

昨日は書いた通り
企業内で
研修をさせてもらった

管理職の皆さんに向けての
マネジメント研修

僕がこの研修を
やりたかった理由は
昨日書いた通りなんだけど

マネジメント層の方々の
悩みを少しでも減らしたい

そんな想いで
研修をやらせてもらったのだ。

最近、数多くの
会社をコンサルティングしている中で
気が付いたことがある。

社長であれ、管理職であれ
部下を持つ人たちの中で
すごい困っているのが
「部下にきちんと指導が
できない」ということ。

相手にどう納得してもらって
仕事してもらうか
気持ちよく仕事してもらうか
そういうことに気を遣うばかり
指示がはっきりと
できないってことが
悩みなのだ。

スムーズに指示を出して
組織の生産性を上げるためには
どうしたらよいか?

そんなことを
セミナーさせて頂いたのだ。

その中で一番
評判が良かったのがこの説明。

給料をもらう順番の話。

給料をもらうのって
1)仕事する(お客様にサービスを提供する)
2)お客様から対価を頂く
3)会社から給料をもらう
なのだ。

でも、大多数の人が
思っているのが
1)会社から給料をもらう
2)仕事する(お客様にサービスを提供する)
3)お客様から対価を頂く
なのだ。

 

ブロックパズルで示すと
こんな感じ。

すごいすっと来るよね。

つまり、
モチベーションが高いとか低いとか
関係なく
仕事をやって、
お客様に対価を頂かないと
給料は出ないのだ。

これを知っていると
部下に
「なんとか気持ちよく
仕事をやってもらう」
じゃなく

「何としてでも仕事をしてもらう」
→そのためにどうするか?
っていう思考に
切り替わる。

 

これだけでもずいぶん
気が楽になってくれた。

昨日の受講者の反応を見てたら
そんな感じだった。

このブログを
読んでくれている人の中には
部下を持つ人も多いと思うけど
この順番だけは
ぜひ知っといてね。

ちなみに、
この本から
もらった話です。
ご参考までに。

お金をもらうための順番が違うんだねっ!

 

机で寝落ちすると
身体が痛いので
皆さんはご注意!

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

良い日曜日を
ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. やっぱり計画は書きましょう
  2. 必要な情報は抑えておこう
  3. これをできて当たり前にしたい
  4. ラジオにプロレスラーのTAMURAさんが来てくれました
  5. ちゃんとって何さ!
  6. 勝利のためには稲葉監督のようになろう
  7. どっちのベイダーがいいですか?
  8. 高校でセミナーをさせてもらいました
PAGE TOP