Loading

ブログ

言葉を交わしあうことが大事

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

 

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

都合のいいときだけ
地元愛を出す
えげつない男です(^-^;

さてさて、
今日はこのニュース!

いきものがかり
約2年の放牧期間を
終えて
集牧宣言!

いよいよ活動復活とのこと。

厚木市民であり
海老名市で
シェアオフィスを借りている
内山としては
嬉しい限りですよね。

ちなみに、
僕が彼らと初めて会ったのは
2004年

当時、勤めていた会社の帰り道
会社でうまく行かないことがあり、
凹みながら帰っていた町田の駅前。

路上でライブやっていた
3人の歌声に聞きほれて
CDを買ったのがきっかけでした。

その時に買ったCDが
これ↓

 

その後、
どんどんメジャーになっていき、
「じょいふる」と

「YELL」では

僕の出身の
厚木市立東名中学校を
ミュージックビデオの
撮影に使ったり

すっかり見逃せない存在に
なってしまいました。

 

放牧期間を経ての
集牧宣言。

(集牧なんて言葉、
初めて聞いたけど、
うまい言葉ですね~)

で、彼らのホームページ見ると
集牧宣言が載ってます。

集牧宣言

 

その中で、
僕が一番
いいなーっって思ったのが
この言葉

そしてなにより、
これまでとこれからについて、
3人だけで言葉を交わす時間を
たくさんとることができました。

これ!
これができる組織(グループ)って
なかなか無いんですよ。

特に会社だと
立場の違いとかあるから
まぁ、難しいですよね。

でも、これって
僕ら日本キャッシュフローコーチ協会の
世界観でもあるんですよ。

社長と社員が
夢や人生観を
語り合える世界を目指す。

 

きっと、
いきものがかりの
3人は
夢や人生観も
含めて
すごくいっぱい語り合って

3人とも納得して
集牧を宣言したんだろうって
思います。

 

僕がやっているのは
社長のこれまでと
これからを
聞かせてもらうこと。

あり方を
(ビジョン、ミッション、
カンパニースピリッツ、セルフイメージ)
言語化するお手伝い。

そして、
社内外に
社長の夢や人生観を
伝えられるようにして、
語り合える土台をつくること。


(和仁達也先生の
ビジョナリープランね)

なので、
熱い想いを
言語化して社内外に
伝えたい方は
ぜひお手伝いさせて
下さいねっ!

 

言葉を交わしあうことが大事

 

プロレスラーの
内藤哲也が言うように
言葉にすると
何かが動き出しますね。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

良い週末を、
ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. あるべき姿をきちんと描く!
  2. プロレスで社会貢献
  3. ITを手の内に入れる
  4. 特急列車で行きたいですか、普通列車で行きたいですか
  5. うまく行かない時こそ・・・
  6. 自分で決めましょう
  7. 今だからこそ、情報を発信しよう
  8. 進化する者だけが生き残る
PAGE TOP