Loading

ブログ

過去と向き合い未来を描く

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

 

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

リボーンアワード2018に
参加してきました。

 

これは、
ブログの師匠
板坂裕治郎さんの
コミュニティ内の
プレゼンテーションの
イベントです。

今回のテーマは
零~ZERO~

誰にも
全てを失い
ゼロになった辛い過去が
あるのではないかと思います。

その辛い過去と
真正面から向き合い
包み隠さずに
発表するのです。

傷口に塩を塗る
なんてものではなく、

傷口を
手でこじ開けて
その中に
塩と味噌としょうゆを
ねじ込むような感じです。

痛々しいこと
半端ないです。

 

優勝した
大津さん
8年間に及ぶ
うつ病との闘い、

何十回もの
リストカットや
大量の薬物接種による
自殺未遂の過去を
赤裸々に
話してくれました。

 

キャッシュフローコーチ仲間の
瀧田さん
会社を私物化する
祖父と対立し辞任する、

その辞任の時に
従業員を見捨てて逃げた
という過去を
涙をこらえながら
話してくれました。

みんなの話す姿を見ながら
ずっと考えていました。

 

僕は自分自身と
向き合えて
来ているのかなって。

かつていた
ITの会社では
現場業務の
忙しさを理由に
昇進を断りました。

昇進して
現場の忙しさを
自分で改善するという
道から逃げました。

その後のコンサルの
会社では
自分の実力不足を
棚に上げて
チャンスがもらえないことを
不服として
辞めました。

その他にも
向き合えてない過去、
目をふさいで
見て見ぬふりをしている現在は
いくつにあります。

 

先週、僕は
自分の精いっぱいの
プレゼンをして
キャッシュフローコーチ協会の
MVPコンテスト
3位になれました。

そのことには
めちゃくちゃ
満足しています。

でも本当に目指しているのは
チャンピオンです。

そのチャンピオンになるには
自分の過去、そして現在と
向き合って
乗り越えなければ
なれない
そう感じました。

 

今回の登壇者は
自分の過去と向き合って
自分が命を使って行うべき事
つまり「使命(ミッション)」を
話してくれました。

自分の辛い
過去と向き合ったからこそ

自分も周りも巻き込む
明るい未来を描き
それを話してくれました。

僕も自分と向き合って
改めて自分のミッションを
見つめなおして
いきたいと思います。

 

大変そうだなぁ~(^-^;
でも、頑張ろっと!

過去と向き合い未来を描く

 

登壇者のみなさま、
スタッフの皆様
そして板坂裕治郎さん
お疲れ様でした。
ありがとうございました。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日も頑張りましょう。
ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 予想通りに行かなくても予想しよう
  2. 決めるのがリーダーの仕事です
  3. 税理士の先生に褒められて嬉しかった件
  4. 今日という一日を大切に
  5. あの日の忘れ物を取りに行こう
  6. 生産性の高い会議のやり方とは?
  7. やるか、やめるか?
  8. まずは情報を拾いに行こう
PAGE TOP