Loading

ブログ

ダルマが小さくなった理由は?

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

 

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

昨日は
初詣に行きました。

うちから電車で
30分ほどかかる
寒川神社まで
僕と次男坊の
ふたりで
行ってきました。

結構な混雑の中
30分ほど待って
お参りをし、

次に
自宅や実家に頼まれた分の
お守りや
ダルマを買います。

まずはお守り・お札を
買ったところ
お会計が「4,000円」と・・・

結構かかるなぁって
思いながら
財布を見ると
9,000円しかありません。

 

あっ、そうでした。

クレジットカード、
スイカで支払う
癖がついているので
現金をあまり持たない様に
なっていたのです。

やばいって、
感じながら
お金を払い
残金は5000円。

次はダルマを買います。

実家に頼まれた
ダルマが4500円、
すると、残りは
500円しかありません。

仕方なく
我が家のダルマは
昨年のものより
1サイズ小さい
500円のダルマに
なってしまいました(^-^;

つまり、
現預金の見通しが
甘かったのです(>_<)

出かける前に
大体使うお金を
見積れていれば
こんなミスは
無かったですね。

いつも
クライアントには
「資金繰りが大事です」って
言っているのに
自分でやらかしちゃいました。
反省です。

ちなみに、
僕が
お金のことで悩む
経営者と
お話しするときは

まず、
現時点の残高と
今後数か月間(とりあえず3か月程度)の
収入見込み、支出見込を
ざっくり聞いて
簡易的な資金繰り表を
作ります。

それだけで
悩んでいた経営者の顔が
すっきりと明るくなることが
良くあります。

もちろん、
正確な管理では
ないのですが、
まずはこのくらいを
取り組んでみるのが
スタートです。

凄く難しい訳ではないので
年始、1~2時間を使って
やってみて下さいね。

我が家のダルマが小さくなった理由は?

資金見通しは
ちゃんと立てましょうね

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日も素敵な一日を
ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. リーダーだったら演じてみよう
  2. 過去を踏まえない未来はいらない
  3. 動かなかったらどうしよう・・・
  4. コンサルが関わると人が辞めます
  5. 決めなければならない
  6. 内藤哲也の言葉に学ぶ
  7. 外も内も使う
  8. アピールするゼァッ!
PAGE TOP