Loading

ブログ

想いを言葉にして見える形にするのが書初めだ

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

 

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

昨日は
いつも使っている
シェアオフィス
海老名 コワーキングスペース ROLEさんで
書初めの会がありました。

ただの書初めでは無くて
少し工夫しました。

1.今年達成したいこと、
やりたいこと、なりたいことを
どんどん紙に書き出す。
(5分間と時間を区切り、
30個目標で書き出す)

コツは、
「できるか」って考えるのでなくて
「やりたいか」「なりたいか」という
理想の形で書きだすこと。

自分の想いを
強制的に言葉にする環境を
作ったのです。

2.そのなかから
書きたいものを選んで
書初めをします。
(別に1枚でなくても
何枚でもOK)

3.書いたもののうち、1枚を選んで
なぜそれを選んだか?
それができたらどんないいことがあるか?
どうやって達成するか?
などなど、自分の想いを語る。

他の方は
それを聞きながら、
その方を応援するメッセージを
付せんに書いて渡す。

こんな感じです。

ただの書初めでなくて、
みんなから応援してもらっている
感じが嬉しいですよね。

ちなみに、
僕が書いたのは
もちろん、コレ↓

皆さんのメッセージが
有難いです。

 

その他にも
いっぱい書いちゃいました。

棚橋弘至ばりに
IRON WILL(鉄の意志)、

そしてもう一つ
棚橋が良く言う言葉

 

後は、今年意識したいこと

そして大前提として

 

 

 

ちょっとここで
考えてみましょう。

なぜ、
書初めをするのでしょうか?

いくつかあるのだけれど、
「想いを言葉にする」
って、自分の願望をかなえるための
第一歩ですよね。

内藤哲也も言っているように
「想いは言葉にしなくちゃ伝わらない」

不言実行と有言実行
どちらがより成果が出やすいかといったら
間違いなく後者。

自分自身の覚悟も定まるし
自分の想いを言葉にすることで
まわりの人が協力してくれたり
応援してくれたりする。

名刺にチャンピオンベルトを入れたり
目標としてMVPを公言することで

結果は3位でしたけど
間違いなく近づいたことを
実感しました。
(昨年の書初め↓)

 

ビジネスをやる上での
ビジョン、ミッションなど
経営理念の言語化が
これに当たりますね。

これをやることで
関わるみんなの意識が
そろいます。

想いを言葉にして見える形にするのが書初めだ

 

今日は1月12日
今年はあと350日くらいあります。

書初めでなくても
良いと思うので
ぜひぜひ皆さんもやってみて下さいね。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日も頑張りましょう。
ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. ダルマが小さくなった理由は?
  2. 俺らもディープインパクトを目指そう
  3. 必要なのはテクノロジーか?
  4. 財布の中身は左右対称
  5. 演じることが大事
  6. 凡事徹底(ぼんじてってい)
  7. 相手の印象に残る話の組み立て方はこれだ!
  8. 僕はプロジェクトマネージャです
PAGE TOP