Loading

ブログ

本気でぶつかり合うからこそできることがある

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

 

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

新日本プロレスの
今シリーズでは

メキシコのプロレス団体との
コラボしての興行

メキシコと日本の
レスラーが入り乱れて
試合をしています。

メキシコのプロレスは
ルチャリブレといわれ
マスクマンが多かったり
空中殺法が多いのが
特徴ですね。

この日の
メインの試合は
メキシコの選手同士の闘い

手の内を知っている
間柄だからこそできる
高度で激しい技の応酬

相手の力を使って
飛び越えて

首に巻き付いて

投げちゃったり

 

息を合わせて
場外に跳んだり

 

高角度の
フライングボディアタック
だったり、

相手を信頼しているからこそ
相手の力量が分かっているからこそ
危険で美しい技が
出せるのですね。

 

コンサルティングも一緒です。

僕は基本的には
パートナー型の
コンサルティングを行っているので
上から目線で言うことは
通常はありません。

でもね、
相手のことを信頼できたら

どうやったら最もいい方向に
行きそうか
どれがリスクが少ないか、
さまざまな角度から
クライアントと
一緒に考えます。

そうして、
意見を出し合った
言い合ったほうが
良いものが産まれます。

そのためには
相手の痛いところに
踏みいるような発言を
することもあるし、

相手の意見が
ちょっとおかしいなと思ったら
変えてもらうこともあります。

でも、その時に意識するのは
相手を否定しないこと、
相手が受け止めやすい言葉で
伝えること。

これも
安心・安全・ポジティブな
場作りの一環です。

 

本気で本音でぶつかり合って
良いものを作ることが出来ます。

ちなみに、
僕がルチャリブレで
一番好きなところって
多くの試合で最後に
お互いを称え合って
終わるところ、ですね。

こんな風に
認め合い頑張りあえる組織づくり
仲間づくりを
これからも
サポートしたいと思います。

本気でぶつかり合うからこそできることがある

 

やっぱり、プロレスからは
多くのことが学べますね。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日も頑張りましょう。
ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. コミュニティでもビジネスでも大事なことは一緒
  2. ボランティアでも受けたからには仕事
  3. 動かなかったらどうしよう・・・
  4. 一緒に闘う
  5. 相手にかける言葉の選び方
  6. 箱といえば○○
  7. 時代は進化してますね~
  8. ろくろを回してみませんか?
PAGE TOP