Loading

ブログ

正論を振りかざす人にならない

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

 

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

昨日、
とあることで
注意を受けました。

具体的に言うと
立場上、出たほうが良い会議が
あったのですが、

自分の中で優先順位が低く、
他の予定を優先させたため
出てなかったので
注意されたのです。

そのこと自体は
言われても
仕方ないですし、

根っからのドMなので
責められることは大好き・・・(^-^;
なので、
別に良いのですが、
改めて感じたことがあります。

 

正論をかざされると
辛いんだなぁ・・・と。

ここからは
個人的な感想です。

正論って言っている方は
それを言っている
自分に酔ってくるし

言われている方は
その相手だけでなく
まわりの方からも
言われている気になって
さらに自分を
追い込んでしまうのですね。

 

正論って
切れ味のよすぎる刀
みたいなものかなぁ・・・と。

昨日のブログで書いたことも
僕が正論を振りかざして
相手を斬りつけただけ
かもしれません。

 

そんなことから
どんなのがいいかなって
考えました。

 

正論で相手を斬りつけることなく
そして、正論という刀を
鞘からチラ見せして
脅すでもなく、

「いやいや、俺、刀じゃなくて
拳銃持っているから」

っていうレベルの違う
落ち着きをもって

相手と対して
いけるような

良い意味の腹黒さを持てたら
いいのかなぁ・・・と
そんな感じです。

正論で振りかざす人にならない

 

なんだか、今日は
抽象的な話に終始しました。

・・・
結論は
僕は腹黒い漢になりたい
・・・ということですね(^-^;

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日も頑張りましょう。
ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 目標のために一丸となる
  2. やったからこそ見えることがある
  3. 会議の目的を思い出すキーワードは?
  4. あなたもやってる逆算思考!
  5. 欲しい人材を明確にするってこういうことかと感じた件
  6. ポジティブなディスり合いが出来たチームはやっぱり強くなってた
  7. あなたは今日、どんな服装で出かけますか?
  8. 技術の進化が仕事のやり方を変えていく
PAGE TOP