Loading

ブログ

なんて話していいか分からない・・・

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

 

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

先日、知人から
相談を受けました。

その方は
こだわりの雑貨店の
オーナーさん(女性)。

今度経営者の集まりで
20分ほど自分の仕事について
語る機会があり、

その場でどういう話をしたら良いか
分からない・・・とのこと。

皆さんだったら
こんな話をもらったとき
どんなことをお伝えしますか?

コーチング的に
相手の考えを聞いて引き出すのか?
ピンポイントで
答えを伝えるのか?
どちらが良いか、
少し迷ったのですが、

両者のハイブリッド的に
一緒に考えることにしました。

まず、状況を確認しました。
どんな人が出ているのか?
どんな雰囲気なのか?
他の方はどんなことを話しているのか?

・出ている方はすべて女性で40~70歳、
・和やかな雰囲気、
・他の方は自分の商品を話すことが多い

そんなことが分かりました。

その状況を踏まえた上で
僕はこんな提案をしました。

ご自身のことを話してはどうでしょう?
なぜ、このビジネスを始めたのか?
どんなこだわりを持ってやっているのか?
何を目指すのか?
とかとか・・・

つまり、
過去:ミッション(使命)
現在:バリュー、カンパニースピリッツ(習慣、こだわり)
将来:ビジョン
です。

 

狙いは
商品のファンでなく
その方のファンを作ること

参加者が
長期的な関係性が見込めそうな方々なので
その方のファンになってもらい
長く付き合ってもらえるほうが良いかな、と
考えたのです。

そのあたりのことをお伝えしたところ
「自分でもできそう」
非常に喜んで頂きました。

 

結果は後日分かります(^-^;

 

「なんて話したらいいか分からない」
「どんなメール(メッセージ)を書いたらよいか迷う」
案外、みんな悩むのって
そういうちょっとした
はじめの一歩かもしれません。

僕だって、どう伝えたらよいか
迷うことだらけですしね(^-^;

なんだか、ちょっとしたことに
自分の価値を感じた日でした。

なんて話していいか分からない・・・

 

誰かに聞いてもらうと
意外と解決するかもしれませんね

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

3連休の中日、
今日はクライアントの
経営計画づくりに没頭しますよっ!

ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 悔しさを言葉にして次への糧にする
  2. 自分のことは自分で決める
  3. 努力は夢中に勝てない
  4. 私にとって〇〇は道標です。
  5. 教えることが最大の学びになる
  6. 切り替えをハッキリさせる
  7. 上原浩治と赤魔導士
  8. 必要なのはテクノロジーか?
PAGE TOP