Loading

ブログ

自分の未来は自分で決めよう

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

 

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

昨日は
僕の住んでいる
神奈川県厚木市で
市長選挙が行われました。

現職新人3つ巴の戦いの結果、
現職の小林市長が勝ちました。

その結果については
色々と意見が分かれると思うので
ここでは論点にしません。

僕が気になったのは
投票率です。

前回の市長選より
2ポイント下がって
40.6%

ざっくりな言い方をすると
約6割の人が
投票と自分の将来に
つながりを見いだせなかった・・・
と言うことになります。

言い換えると、
選挙が自分ごとに
ならなかったということです。

 

ちょっと飛躍するかも
知れませんが、
会社組織で見た場合
会社の理念が
末端の従業員(正社員、パート・アルバイトみんな)まで
行きわたらない、というのと
同じ構図だと思います。

 

会社の理念、
つまり社長の想いを
伝わるレベルで言語化して
従業員に自分事として
捉えてもらう必要がありますね。

 

その方法にはいろいろとありますが、
今年僕が取り組んでいることは
会社の全従業員を巻き込んで
理念を作ることです。

これによって
会社の理念を自分ごととして
捉えられるようにします。

会社の未来が
自分の未来と重なるように
そんな風に
感じてもらうためです。

・・・
なんだか今日は
理想の形だけ言ってますが、

とにかく、
選挙活動に関わった皆様
本当にお疲れ様でした。

自分の未来は自分で決めよう

 

これは、
僕が伝えていきたい
メッセージの一つなので
色々な切り口から
伝えていきたいと思います。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日も頑張りましょう。
ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 演じることが大事
  2. 何でも出しちゃいましょう
  3. 営業は(いい意味で)上から目線で
  4. まずは情報を拾いに行こう
  5. 俺たちは残留するのだ!
  6. 俺たちは、負けん!
  7. 少子高齢化・・・ってどういうことか
  8. さらけ出すには絶対的な安心感が必要
PAGE TOP