Loading

ブログ

ウチマガ【第20号】経営理念は誰を意識して作るのがナウいのか?

このメールマガジンは
内山が
コンサルティングの現場で
起きた事例や

コンサルタントの師匠・仲間などから
学んだ事のうち

皆様に役立つ情報を
お伝えいたします。

解除は↓こちらへ
https://goo.gl/forms/Qm0xxnsV27hNJNxU2

今回のお題は
これ!

1) 経営理念は誰を意識して作るのがナウいのか?

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
1) 経営理念は誰を意識して作るのがナウいのか?

「ナウい」なんて言うと
年がばれますね(^-^;

最近よく書いている
経営理念の話です。

そもそも経営理念は
誰のために
作るのでしょうか?

経営者?
従業員?
お客様?

そのいずれでもあるし、
いずれでもありません。

その全員、つまり
関係者(=ステークホルダー)全てを
意識しての経営理念が必要です。

例えば
「お客様にとにかく安いものを提供する」
というような理念を掲げていたら
取引先の会社は喜ぶでしょうか?

「自分たちのものが
安く買われるのではないか?」
そう心配するかもしれないですよね。

関わる全てのステークホルダーの
満足を実現して
会社に発展・繁栄をもたらすことが
必要なのです。

これが、みんなの共感を生む、
応援される経営理念になるのです。

・・・
で、なぜこれが
ナウいのでしょうか?

これが
2015年に国連サミットで採択された
SDGs(エスディージーズ:持続可能な開発目標)、
つまり、
「誰一人取り残さない」持続可能で
多様性と包摂性のある社会の実現
と非常に近い考え方なのです。

・・・って言うほど
僕もSDGsについては
詳しい訳ではありません(^-^;

ですが、SDGsが重要視される流れは
確実に来ています。

投資家が投資の対象として判断している
ESG投資、
世界の解決すべき課題を
環境(Environment)、
社会(Social)、
ガバナンス(Governance)の
3つの分野に整理し頭文字をとったものがESG、
ESGに配慮した責任ある投資を行う
という流れが既にできています。

実際に、環境に配慮したから
スターバックスコーヒーが
プラスチックストローをやめたりする流れが
できているわけですよね。

逆に、対応しないと
利用者からそっぽ向かれてしまいます。

ちょっと話が長くなりましたが、
「経営理念はステークホルダーみんなを
意識して作るのがナウい」
ということで締めたいと思います。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

配信停止を希望される場合は
以下のURLから
ご登録ください。

https://goo.gl/forms/Qm0xxnsV27hNJNxU2

次回配信は3月中旬を
予定しています。

関連記事

  1. ウチマガ【第2号】僕が板坂裕治郎さんの本を配る理由
  2. ウチレポ 第1号 【先に言えば説明、後に言えば言い訳】
  3. ウチマガ【第11号】タラレバ人間にならないで下さいね
  4. 【うっちーメルマガ vol.10】「雪かきは誰のため」 
  5. ウチマガ【第12号】もうすぐMVPコンテスト(その1)
  6. ウチマガ【第23号】ラジオ番組始めました
  7. ウチマガ【第14号】MVPコンテスト 第3位!
  8. 【うっちーメルマガ vol.13】自分の「箱」から出る 
PAGE TOP