Loading

ブログ

アウトプットの場って大事ですね

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

 

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

ここ2日ほどは
マラソンの話を
書きましたが、

今日はその前日、
3月16日に開催した
勉強会の話題を書きます。

お題は
小規模事業者持続化補助金の
勉強会

まもなく公募になる(と言われている)
主に販売促進の投資に使える
補助金について
ざっくりと2時間で
説明させて頂きました。

参加された方からは
こんな感想を頂きました。

Q.申し込む前はどんなことで悩んでいましたか?

A.
・もらい方(申請方法)(Web制作 平田さん)

・店舗リフォーム費用に活用できないか(不動産賃貸業 中嶋さん)

・補助金の使い方、経営計画書、事業計画書の書き方(整理収納アドバイザー 野中さん)

「補助金がある」と言うことは
知られているのですが、
自分のビジネスと結びつけられるのかが
上手く知られてない、そんな印象でした。


Q.実際に聞いてみて、いかがですか?

A
・定期的に会社の方針を検討する必要を感じました(Sさん)

 

そうなのです。
今回の話ではテクニック的なことでなく
本質論を伝えさせて頂きました。

例えば、なぜ国は補助金をくれるのでしょうか?
・・・
・・・
・・・

それは、
ただくれるのでなく、
将来的に税金として多く返してほしいから
一時的にくれるのです。

だから
「あなたの会社にお金を出したら
もっと儲かる」って
審査員に思ってもらうような
計画を書く必要があります。

そして、
「何を買うからお金が欲しい」
ではなくて
「何をするために、○○を買う必要があるから
お金が欲しい」
と言うことを
第3者が見ても分かるように
客観的に説明する必要があります。

・・・
まぁ、固苦しく言うと
そうなんだけど

皆様に自分ごとに
感じてもらえるように
話したつもりでした。

アンケートの回答を見ると
理解して頂けたんようだったので
ちょっと安心しました。

今回開催させて頂いて
この補助金の本質の言語化、
伝え方等、磨くことができました。

僕の方こそ、参加していただいた皆様に
感謝です。

アウトプットの場って大事ですね

って、いう訳で
あと1,2回は
この勉強会を
開催しようと思います。
(現時点の予定は3月30日 午前中)

詳細は追って連絡します~

取り急ぎご連絡まで。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日も頑張りましょう。
ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 働く環境が変わっているんですね
  2. 負け犬が本物の狼になる時
  3. チャレンジを許すことが成長につながる
  4. これをできて当たり前にしたい
  5. 言うべきことは言いましょう
  6. 削る、削る、削る
  7. 営業は(いい意味で)上から目線で
  8. 抽象と具体を行ったり来たり
PAGE TOP