Loading

ブログ

ウチマガ【第21号】マラソンを通じて知った目標設定で大切な3つのこと

このメールマガジンは
内山が
コンサルティングの現場で
起きた事例や

コンサルタントの師匠・仲間などから
学んだ事のうち

皆様に役立つ情報を
お伝えいたします。

解除は↓こちらへ
https://goo.gl/forms/Qm0xxnsV27hNJNxU2

今回のお題は
これ!

1) マラソンを通じて知った目標設定で大切な3つのこと

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
1) マラソンを通じて知った目標設定で大切な3つのこと

先日、僕の地元
神奈川県厚木市で行われた
厚木マラソン(10km)に
出走しました。

こういう
マラソン大会に
出るのは初めてでした。

昨年末に出ると決めた時、
当初立てた目標は
60分(1km=6分ペース)でした。

その後、練習不足から
目標が65分(1km=6分30秒ペース)と下がり、
さらには、レースの数日前には
「最後まで歩かないで完走する」
とさらに下方修正・・・

そんな低たらくな状態で
始まりました(^-^;

今回の参加者は1200人。
なので、走り始めしばらくは
人ごみの中です。

自分的には当初設定した
1km=6分30秒くらいのペースで
走っているつもりだったのですが、
周囲の人のペースに惑わされ、
なかなかペースがつかめません。

そこで、スマホの
ジョギングアプリを確かめたら、
1km=7分30秒のペースとなってました。

このため、ペースを上げて
こまめにスマホを見ながら
徐々にペースを上げて行ったのです。
これによって、
序盤のタイムが必要以上に
遅くなることを防げました。

この時に感じたことは2点です。

・目標設定により基準ができ、
 下回った際に改善意識が働いたこと。
 →目標を設定することは
  想定以上の悪化を防げる

・アプリで正確なタイムを計測できたので
 改善がしやすかった
 →感覚だけでなく、正確な数値を
  知ることが改善の第一歩

さてさて、そんな感じで
5kmくらいを過ぎたところ、
タイムを見たら
1km=6分5秒くらいの
思わぬ快調なペースで
進んでいました。

このまま行ったら
設定タイム(1km=6分30秒)は
無理なく超えられそうです。

と思ったときに
・当初の目標達成を目指すか
・目標をさらに引き上げるか
という選択肢が出てきました。

1人だったら
多分前者を目指したんじゃ
ないかなと思いますが、

周りを見ると
自分と同じくらい(か、やや速い)
ペースの人が走っています。

それを見た時に
少しでも上を目指したいと思い、
自分より前を走る人を
目指して走ることにしたのです。

前を走る人を目標にして走り、
1人交わしたら、
また前の人を目標にして・・・
を繰り返すことにしました。

これを繰り返しているうちに
タイムが少しずつ上がり、

最終的には
57分36秒(1km=5分46秒)
というペースで
走るきることが
できたのです。

つまり、
・目標を引き上げるには
 自分一人でなく
 他人の力を借りたほうが早い
ってことです。

例えば、
自分以上の人が集まるグループに身を置くか
他の方に引き上げてもらうか
などでしょうか。

まとめると
・目標設定すると下回った時に改善意識が働く
・正確な数値を知ることが目標達成の第一歩
・目標を引き上げるには他人の力を使うのが手っ取り早い
でした。

そんな、
ビジネスにもプライベートにも
使えるネタを学べた
マラソンでした。

こんな学びを得られるなら
提起的に走るのもいいかもしれませんね(^-^;

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

配信停止を希望される場合は
以下のURLから
ご登録ください。

https://goo.gl/forms/Qm0xxnsV27hNJNxU2

次回配信は4月上旬を
予定しています。

関連記事

  1. 【うっちーメルマガ vol.5】涼しくなりました 
  2. 【うっちーメルマガ vol.3】なぜ、計画が必要なのか? 
  3. ウチマガ【第10号】バントが指示できるチーム
  4. ウチマガ【第13号】もうすぐMVPコンテスト(その2)
  5. 【うっちーメルマガ vol.12】「きちんと見ることが栄光への近…
  6. ウチマガ【第14号】MVPコンテスト 第3位!
  7. ウチマガ【第23号】ラジオ番組始めました
  8. ウチマガ【第27号】濃ゆい会議を行うには○○が重要です
PAGE TOP