Loading

ブログ

まず、○○から話しましょう

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

朝方、自宅にいるときに
電話がなりました。

妻が電話を取ったのですが
「よく分からないので変わってくれ」
とのこと。

変わったら
若い男性が
こんな話をしてきました。

auの特約店の○○○ですが、
お宅は戸建てタイプの
フレッツ光の回線を
使われているでしょうか。

今、そういった方に
お伝えしたいことがあります。

本来インターネットを使うには
プロバイダーと契約をする必要があります。

実は来月から
そのプロバイダーの料金が
・・・・

こんな調子で
よく分からないまま
いつまでも話されそうだったので
ついついさえぎって
こう言ってしまいました。

つまり、御社は
自宅の通信料金が
安くなるプランを提案してくれる、
と言うことなのですね。

と言うことであれば
今は不要です。

と言って話を
終わらせてしまいました。

さて
この電話営業の
お兄さんの話し方と
僕が聞きたい内容と
何が違ったのでしょうか?

僕が求めていたのは結論

つまり、「だから何」ってことを
まず聞きたかったのです。

一方で、お兄さんが話してたのは
まず根拠

「こういうことがある」
というような根拠を
まず話してきたのです。

一般的にですが
ビジネスの場では
結論先行の話し方が
好まれます。

結論を伝えて
相手に聞く姿勢を作ってもらってから
話したほうが
相手が受け止めやすいですからね。

今月頭に
新人研修で伝えた
”受け止める相手のことを考える”
という
コミュニケーションの基本を
ついつい伝えたく
なってしまいました。

来月から
ご家庭で契約している
電話の料金が
安くなるかもしれないのですが、
興味はありませんか?

自分だったら
こんな風に言うかなぁ・・・
なんて、
伝え方の順番を考えた
連休の朝でした(^O^)/

まず、○○から話しましょう

めんどくさいおっさんだなぁ
なんて
自分で自分を思った
連休の朝でした(^O^)/

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

GW、3日目
素敵な一日にしましょう

ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 俺は湘南ベルマーレのサポーターです。
  2. 中小企業診断士がラジオやります(^O^)/
  3. 中小企業のデジタル化への提言
  4. やっぱり○○○○が一番!
  5. 10月7日は大人げない運動会!
  6. ろくろを回してみませんか?
  7. 技術の進化で選択肢が増えますね
  8. 目標達成!
PAGE TOP