Loading

ブログ

失敗の許されるチャレンジをしよう

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

サッカーの南米選手権、
日本 対 チリ

来年のオリンピックを意識した
若手主体のメンバーで
挑みましたが

 

結果は0対4
完敗でした。

ハイライトでしか
見ていませんが、
それなりにチャンスも
作れたようです。

久保君も股抜きで
チャンスを作ったようですしね。

しかし、結果的には完敗・・・
残念な結果に
終わりました。

われらが
湘南ベルマーレの
杉岡大暉選手も
英国人ジャーナリストの
評価によると4点と
最低点をつけられてしまいました(T_T)

でもこれは、
このレベルの高い大会に
このメンバーで出たから
分かったことですね。

やってみなくちゃ
分からないんですよね。

そんなチャレンジも
今回の大会だからこそ
出来たこそです。

大事な大会ではあるけど、
失っても何もない、

失敗の許される余裕がある
チャレンジができる大会だから
できたことだと思います。

 

 

会社のお金で言ったら
どれだけ余裕があるか

それはブロックパズルで言うところの
この額。

売上から
変動費・固定費を引いて
税金や返済額、設備投資(修繕とかね)の
分も引いて
繰り越せる分。

単年度で見ると
この繰越分は
余裕があるわけです。

この余裕分の中で
新たな取り組みにチャレンジできれば
理想的です。

新たな商品・サービスの開発とか
今まで使ってない広告手法を取り入れるとか
やったことのない
教育を取り入れるとかですね。

なかなかこんな理想通りに
行かないかもしれないけれど
理想はきっちりと
持っておきたいです。

今回の日本代表も
きっとそういう余裕の元
闘っている

だからこの大会は
思い切ってやってみてほしい。

・・・できれば
勝ち残って
さらに経験を積んでほしいけど、

でも、このメンバーで
しっかりと闘って

泥臭くてもいいから
勝ち点を取って

来年のオリンピック
3年後のワールドカップに
つながるものを
しっかりと持ち帰ってほしいですね!

失敗の許されるチャレンジをしよう

 

失敗を恐れず
やってみよう。

今日も頑張りましょう。
ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 目的があると、分かりやすいですね
  2. 地域活動は気づきをもらえる場
  3. あなたは○○っぱなし、してませんか?
  4. たのしめてるか。
  5. 想いを言葉にして見える形にするのが書初めだ
  6. ヒトでなくてコトに集中する
  7. 理念について語りました~(^O^)/
  8. 基準を伝える
PAGE TOP