Loading

ブログ

動線思考を取り入れてみよう

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

原マサヒコさんの
「トヨタで学んだ動線思考」
という本を読みました。

原さんは
元「トヨタNo1メカニック」

現在はWebマーケティングの会社を
経営しながら、
自らの経験を活かして
執筆や講演活動をされています。

 

ドМな僕にぐっと来たのが
ドSな女性コンサルの5Sの本↓

 

ちなみに、原さんは
僕のブログの師匠
板坂裕治郎さんの本の出版にも
深く関わっている方だったりします。

 

今回の本は
動線・・・人の動きの線を意識しているか?
という内容です。

例えば、毎日ついつい
「あの書類、どこにあるんだっけ?」
なんて探してしまうこと、ないでしょうか?

もしくは、オフィスだと
ちょいちょい資料を印刷して
その都度、プリンターまで歩いて取りに行く
なんて無駄な動きがないでしょうか?

トヨタの現場では
例えば整備作業中に先輩に
「工具を取って」なんていわれたら
絶対に10秒以内に渡せるように
工夫していたそうです。

こういう心がけを
常日頃からしていたら
仕事の効率・能率は上がりますね。

 

コンサルの仕事の中で
板金製造業の現場を
見学させてもらった時、

1個数円の物を
作っている現場での
効率を追求する姿勢に
驚きを感じました。

それと
オフィスでの仕事のやり方を
比べた時に
無駄だらけなんじゃないかって
何となく感じていました。

今回の原さんの本を読んで
その感覚は正しかったんだなって
実感できました。

 

日々の生活、仕事の中で
改善できることは
まだまだいっぱいあります。

例えば、電車に乗る時に
降りた後の乗り換えを
意識した車両に乗る、
とか

エレベーターに乗った時には
「閉める」ボタンを押してから
行先の階数を押す
とか

一日の仕事の流れでは
クリエイティブな仕事は午前中、
疲れでパフォーマンスが落ちてくる
夕方には事務仕事を持ってくる
とかとか・・・

大きな改善から
小さな改善まで
仕事にも日常生活にも
活かせることが
数多く書いてあります。

ぜひぜひ、
参考にしてみて下さいね。

動線思考を取り入れてみよう

 

「働き方改革」なんだから
自分自身の働き方を
変えなきゃいけないですね(^O^)/

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

良い週末をお過ごしください。
ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 写真を撮られるコツ知ってますか?
  2. 先を見て動こうぜっ!
  3. MVPを取って感じたこと
  4. あなたはどっちの方向に進みますか?
  5. 仕事でもプロレスでも○○○○があると盛り上がる!
  6. 必要なのはテクノロジーか?
  7. イデオロギー闘争、大歓迎だ!
  8. パレハ(仲間)が欲しけりゃ想いを語ろう
PAGE TOP