Loading

ブログ

楽しいを伝えることが第一歩

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

5月から毎週土曜の夜に
行われている

地元の子供会の
太鼓練習のお手伝いに
行ってきました。

その休憩時間、
大人が見本として
太鼓をたたく機会があったので
ちょっと叩かせてもらいました。

 

 

上手く出来たか・出来なかったかは
おいといて・・・
楽しく叩かせてもらいました。

代償として
手にマメが出来ましたが
まぁまぁ、安いものです。

改めて実感しました。

 

 

さてさて
本題の子供達の練習です。

 

祭りは19日の夜と
20日の日中。

練習は今回を入れても
あと2回だけです。

子どもたちの中には
まだまだ太鼓の叩き方が
おぼつかない子もいますが、

「練習はあと2回だけだからガンバロー」
と言っても

なかなか伝わりません。

さてさてどうしましょう。

怒ってもしょうがないので
個別にアドバイスを
することにしました。

まだまだリズムを覚えておらず
自信なさげに叩いている子には

分かるとこだけでいいから
思いっきり叩いてみて。
そうすると楽しいから

 

ある程度叩ける子には

順番待ちの間に
自分の頭の中で練習してみて
そうするともっと
楽しく叩けるようになるよ

と、こんな感じで話をしました。

 

つまり、
具体的なやり方と
得られる効果=楽しさを
セットで伝えるようにしたのです。

そうすると、
何人かには効果が
出たように感じました。
(まったくの主観です(^-^;)

楽しいと
人は動くんだな~
なんだかそんなことを
実感しました。

これって
仕事においても一緒です。

楽しさややりがいを
感じられるから頑張れる。

実際は
仕事上で直面する
全てのことで
楽しみを伝えることは
難しいかもしれません。

でも、楽しさ・やりがいを
伝える努力は
してもいいんじゃないか、と。

これが上手く
理念(ミッション、ビジョン、バリュー)に
盛り込まれてたら
より自分ごとに感じられるんだろうな、
なんて考えてました。

楽しいを伝えることが第一歩

 

セミナーやコンサルティングの中でも
楽しさを
伝えるように
していきたいと思います

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

素敵な日曜日をお過ごしください。
ではっ(^O^)/


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 相手も受け身を取れるようにしよう
  2. 悔しさを言葉にして次への糧にする
  3. 親が観に来る
  4. おとなの宿題・・・
  5. ふつう、そんなことしないでしょ
  6. バントが指示できるチーム作り
  7. 今のコンサルタントの役目の一つが〇〇〇〇メーカーだ
  8. 俺たちは日本一を狙うステージに進むぞ!
PAGE TOP