Loading

ブログ

お祭りの楽しさって?

こんにちは。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

僕の地元である
神奈川県厚木市
上愛甲地区の
夏祭りが終わりました。

心配された雨も、
ちらほら降ることもありましたが
大きな問題とならずに
事故無く最後まで
やり遂げることができました。


朝、みんなで
お祈りをしてから


神輿をもって練り歩き
(写真撮り忘れ・・・)


おとなも子どもも
一緒になって太鼓を叩き、

 


獅子が舞ったり

 

 


お神楽があったり


青空カラオケ大会があったり

長い一日が
無事に終わりました。

さてさて、
お祭りって
何が楽しいんだろうなって
考えてみました。

人それぞれ
あると思うのですが、
僕にとっては、

みんなで力を合わせて
やり遂げるということ。

今年から
子ども会に入った
小学生の子どもだったり

その
お父さんお母さんだったり

そして
僕らの親くらいの
年代の方々だったり

様々な年代の方が
自分も楽しみながら
みんなで楽しもうと
力を合わせて
祭りを盛り上げるのです。

子供と大人が
一緒になって
太鼓を叩く、

おとなも子どもも
一緒になって
本気でやっている光景は
一体感を感じられて
何とも言えず
気持ちいいです。

一体感を感じられるチームって
強いし楽しいですね。

目的のために
それぞれが
自分の立場で出来ることに取組む

そうすると
みんなが自主的自立的に
動き出します。

今回の祭りで言うと
神輿と一緒に練り歩く
子どもが道路に飛び出さないように
見守ったり

手が足りないなって思えたら
率先して手伝ってくれる人がいたり
するわけです。

祭りの目的である
「盛り上げる」
ってことのために
動いている方々を見ると

組織にとって
「目的」つまり、
何のためにやっているかを
明確にすることが
大事なんだろうって
改めて思いました。

さてさて
独立して3年、
僕自身も
自分自身を
見返さないといけない時期です。

きっちりと自分自身と向き合って
答えを出していきたいと思います。

お祭りの楽しさって?

僕にとっては「一体感」でした。
皆さんにとっては何ですか?

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

良い日曜日をお過ごしください。
ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 勝つっていいもんですね~
  2. 「自分モード」に切り替えてみます
  3. 難が有るのは有難い人生
  4. 宮島でビジネスを学ぶ
  5. 社内でオールレンジ攻撃は厳禁です!
  6. 人生に寄り添う力
  7. 自分のことは自分で決める
  8. 日本一って良いものですね
PAGE TOP