Loading

ブログ

良いことか新しいことを見つけよう

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

先日、クライアントの
社内ミーティングに
出させて頂きました。

目的は
スタッフ間の情報共有と、
社内プロジェクトの
キックオフです。

その冒頭で
ちょっとしたワークを
させて頂きました。

それが
「Good and New」

アメリカの教育学者ピーター・クライン氏が考案した、
組織やチームを活性化するための
手法です。

やり方は簡単です。
数人のグループになり、
それぞれが24時間以内にあった
「よかったこと」や「新しい発見」を
1分程度で発表するというもの。

発表が終わったら、
聞いていたメンバーは拍手をします。

意識的に言いことを
探すようになり
チームにポジティブな
雰囲気を生み出す
といわれているエクササイズです。

ただ、いきなり言われても
なかなかそんな風に
考えられない人もいます。

なので、いくつかサンプルを出します。
例えば、
お昼に食べたご飯がおいしかった、
知り合いが挨拶してくれて嬉しかった
今日から体操を始めた
ビールがおいしかった
・・・
などなど、
皆さんが思いつきやすいように
適切な前置きをするのです。

やってみたところ
思った通り、
空気が柔らかくなりました。

こういうことって
誰でもやっているだろうことですが、
それをあえて言葉にすると
より意識が高まります。

「うちのチーム、固いんだよなぁ・・・」
なんて、お悩みの方、
簡単なワークなので
ぜひ取り入れてみて下さいな。

良いことか新しいことを見つけよう

 

さてさて、僕にとっての
Good and Newは
こちら。

なんでしょう?
明日に続く

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

素敵な週末を

ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 身内の良いところに気がつく
  2. MVPコンテストまであと3日
  3. 巻き込めてるか!?
  4. うだうだ言わずに、○○やって!
  5. 大変だけど楽しいですよ
  6. スタン・ハンセンに進化の仕方を学ぼう
  7. 言葉を交わしあうことが大事
  8. 自信なんていりません
PAGE TOP