Loading

ブログ

お前には覚悟があるのか?

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

昨日は
TAMURA選手の
プロレスリング ヒートアップ
川崎大会を見てきました。

大会の序盤は
藤波辰爾、
藤原喜明、
井上京子などの
レジェンドレスラーも参戦して
大会を盛り上げます。

 

メインイベントは
ヒートアップのエース、TAMURA と
イギリスからの刺客、マッド・ドッグ・マックスとの
ダブル・タイトルマッチ!

2人の持つ
確かなレスリング技術に裏打ちされた
昭和の雰囲気満載の
プロレスリング

跳んだり跳ねたりも面白いのですが
「プロレスってこういう技術が大事なんだよ」
という二人のメッセージを聞いた気がします。

最後はTAMURAが関節技で
ギブアップをとって見事勝利で
締めくくりました

 

さてさて、注目したのは
大会の中盤で行われた
「弾丸」田中将人 vs 井土徹也の
特別試合

井土は19歳、HEAT-UP期待の若手
対する田中は数々のタイトル保持歴のある
トップレスラー。

まぁ、結果は分かっています。
しかし、その過程が大事だったのです。

 

井土は果敢に挑みます。
つぶされても
井土は何度も何度も
立ち向かいます。

そのたびに田中は
「オラオラどうした、そんなもんか」
「もっとかかってこい」
と、厳しい激を浴びせながら
しっかりと受け止めます。


 

田中が、井土の良さを引き出しているのです。
頑張りを促しているのです。

当然、田中もダメージを食らいますが、
覚悟して受け止めています。

この、
田中の受け止める姿勢を見ながら
感じました。

人と相対するには
受けて受けて受け止める
覚悟が必要。

  • お前、逃げてるんじゃないか?
  • きっちりと目の前のことに向き合っているのか?
  • 相手を受け止める覚悟はあるのか?

田中のファイトを見ながら
そんなことを自分にずっと問うてました。

昨日のプロレスは
自分と向き合う時間、
そして
逃げずに立ち向かう勇気を
改めて教えてくれました。

また今日から
この姿勢を持って臨みたいと思います。

お前には覚悟があるのか?

 

やっぱり、僕にとって
プロレスは最高の学びの場です。

だから、このチケット代は
研修費として経費計上して・・・(うそ)

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今週も頑張りましょう。
ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. みんな、知っていることは違うのです
  2. 必要なのはテクノロジーか?
  3. 勇気を持って値上げしよう
  4. いろいろな面から見てみよう
  5. 仕事にキュンキュンしてますか?
  6. 小規模事業者持続化補助金を申請してみよう(その6)
  7. 銀行はお金を貸すときに会社のどこをみているでしょうか?
  8. 新日ドーム大会(1.4)の見所を予習する!
PAGE TOP