Loading

ブログ

こんなコンサルタントは嫌だ!

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

先日、とある
コンサルタントの先輩方との
会議に出席しました。

その会議に出席するのは久しぶり。
何とはなしに
居心地の悪さを感じながら
いたのですが、
そのうちにビックリする言葉を聞きました。

・あんなことやってるから、あの会社はつぶれたんだよね
・俺は、あの会社はダメだと思っていたよ
・言ったことやってないんだもん。駄目になるに決まっているよ

 

・・・
・・・
こんな会話を聞いてたのですが、
言葉が出ませんでした。

どうしてこの人たちは
無責任に
相手の状況も分からずに
そんなこと言えるんだろう・・・

「あ〜、こんな風になりたくない」
あんまり、ネガティブな感情を
持つことはないのですが
久しぶりにこう思いました。

 

でもでも、もしかしたら
僕も無意識的に
やってしまっているところが
あるかもしれません。

なので、気を付ける意味も込めて
言語化してみました。

「こんなコンサルタントは嫌だ」

1.上から目線
「えっ、こんなことも知らないの?」
「こうしないとダメでしょ」
的なものの言い方をする人。

知らないことを知っている人が偉いって
いつ決まったんでしょう?

2.評論家
実行方法が伴わないあるべき論を言う人、いなくないですか?

・これやるといいよ
・これは止めた方がいいよ

てな感じで言ってるので、
具体的にすればいいんですか?

と聞くと、
「それはお宅の考えることでしょ?」
と言う。

だから、そこ知りたいんだって!

3. しゃべり続ける
持論を滔滔としゃべり続ける人
または、相手が話していると
その話を遮ったりする人

「人の話はよく聞きましょう」って
幼稚園か小学校で
習わなかったのかな?

4.他をけなす
「あいつなんかについてったら良いことない」
「あの団体はダメだ」
なんて言い方をする。

だから、自分のノウハウを守ることにも
汲々としている。

ま、細かく上げればきりがないけど
ひとまずそんなところですかね。

上から目線
評論家
話を聞かない
他をけなす

この4つが僕の考える
コンサルタントの4代疾病ですね。

もしかしたら
僕自身が
こういうコンサルタント4代疾病に
かかっているかもしれません。

その時は
教えて下さいね。

こんなコンサルタントは嫌だ!

 

気を付けましょ。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日も一日頑張りましょう。
ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. あなたの組織でも阿波踊りと同じことが起きてませんか?
  2. 親が観に来る
  3. もっと有名にならないといかん!
  4. さらけ出すには絶対的な安心感が必要
  5. 第三者目線の必要性
  6. 思いやりがあれば前置きも言える!
  7. 負け犬が本物の狼になる時
  8. 内山、顔下がったなぁ・・・
PAGE TOP