Loading

ブログ

決めるのがリーダーの仕事です

こんにちは。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

サッカーJリーグ
名古屋グランパスの
風間八宏監督が解任されました。

現在の順位は11位

今年、クラブとしては
鳥栖からはDF吉田、
FC東京からはMF米本、太田
を獲得するなど
大型補強をしています。

風間監督の就任後に
年間予算を10億くらい増やすなど
かなり投資をしています。

しかし、この間の順位は
2017年 J2 3位
2018年 J1 15位
2019年 J1 11位(現在)

会社からしたら
我慢の限界というところだったのでしょう。

風間監督と言えば
持ち味はパスを絡めた攻撃サッカー

かつて指揮した川崎フロンターレでは
約5年監督を務めました。

その間、優勝はなかったのですが
風間監督が辞めた後に
2年連続で優勝と、
強い川崎フロンターレの
基盤を作っています。

風間監督の後任はフィッカデンティ監督。
守備を重視する監督で、
風間監督とは真逆です。

名古屋の最近の
守備の崩壊っぷりを見ると
そこに手を入れたくなるのは
分からなくはないです。

この方針変更が吉と出るか
凶と出るかはわかりません。

今年と言う軸で見た場合には
もしかしたらプラスかもしれません。

長い年月で見た場合には
どうでしょう?

今年のグランパスの標語は
「貫く」。

・・・?
あれ?一貫性ないじゃん。

誰が見ても疑問に思うけど
でもね、そんなこと言っても
決断しなくちゃいけないですよね。

だから、この決断をしたことは
すごいと思います。

名古屋グランパスの社長は
小西工己さん。

J2に落ちた時に(通常は減ると言われる)
観客動員数を増やし、
J1昇格を1年で果たし、
中期ビジョンを策定するなど
やり手の社長です。

観客数増加に今のグランパスの
攻撃サッカーが寄与していることは
把握されていると思います。

それでも、
J1残留のために
守備重視の監督に切り替えるのです。

この決断がどうなるか
しっかりと結果を見守りましょう。

決めるのがリーダーの仕事です

 

って、ここまで書いて
グランパスのホームページを見たら

「クラブが発表したものではない」
とのこと。

えー・・・
・・・ま、もう書いたし、このまま載せよう・・・

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

素敵な一日をお過ごしください。


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 社内でオールレンジ攻撃は厳禁です!
  2. 切り替えをハッキリさせる
  3. まず身内から
  4. 土台は安心・安全・ポジティブ!
  5. 楽しく楽に働き方を変えていこう
  6. 識学を語ろう~4.結果【責任と権限】~
  7. 場を作る
  8. おっさんだって夢を見る!
PAGE TOP