Loading

ブログ

自分のための頑張りが人のためになることもある

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

今日はXEROXスーパーカップ
昨年のJリーグ王者の横浜・F・マリノスと
天皇杯王者のヴィッセル神戸の闘いがあります。

MVPの仲川輝人や
ドラゴンボール好きのマルコス・ジュニオールなどを中心に
熟成してきた超攻撃サッカーが開花したマリノスと

「反則」でしょって言いたくなる神のようなプレーをする
イニエスタを擁し、ヴィッセルの試合は
両チームのファン以外にも楽しみです。

さてさて、今年の日本サッカーの話をする前に
昨年の大きな出来事を振り返ってみたいと思います。

浦和レッズVS湘南ベルマーレの試合であった
ゴールが認められなかった大誤審の問題。

その試合の主審だった山本雄大さんの記事を見ました。
https://www.targma.jp/j-ron/2020/02/05/post633/

抜粋すると・・・

・ゴールだったかもと感じたけれど、審判は見えてないものを判断できない
・ハーフタイム前の観客の異様なざわつきで、本当に入ったんだろうというのは分かった
・主審人生は終わったと思った
・妻と子供の身の不安を考えた
・眠れない、食べれない状態が続いた
・多くの方の支えで復帰できた。その時、選手やファンが温かく迎えてくれたのがありがたかった。
・・・

とても読み応えのある記事でした。
ご苦労なさった、そしてなさっているのだと思います。
ぜひこの経験を糧に
日本を代表する審判になってほしいと思います。

さてさて、
この試合のことが
騒動にはなったけれど
あまりネガティブに引きずられなかった(ように思える)のは
あの試合が湘南の大逆転で
終わったからだと思います。

本当は1点入ってるのに誤審で認められず、
0-2で迎えたハーフタイム、

ボイコットしてもよいという
チーム代表、監督の声を制して
ピッチに向かった選手、

文句を封印して
選手たちを
とにかく後押ししたサポーター

それがアディショナルタイムの
山根の劇的ゴールにつながったのです。

この大逆転勝ちがあったから
あの試合が「美談」みたいに語られるし、
湘南もJ1に残れたし、
山本審判に対する風当たりも
弱まったんじゃないかと思います。

あの試合の
湘南の選手、スタッフ、サポーターの頑張りが
湘南ファンだけでなく、
多くの方の心を揺さぶったのです。

何を言っているかというと
自分のために頑張ることが
結果的に周りの方の助けになることも
あるんだなぁ、ということ。

そういうことを知っていたら
目標を見失ったりしても
頑張れるかもしれませんね

自分のための頑張りが人のためになることもある

2020年のJリーグ開幕まであとわずか、
楽しみです(^O^)/

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日も頑張って行きましょう。
ではっ


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. ゴールを見せろ!
  2. みんなで作り上げる喜び
  3. 分けたら見えてくるものもある
  4. 理解してから理解されることが大事
  5. プロレスリング・ノアに闘い方を学ぶ
  6. 有馬記念で考える
  7. 日本一って良いものですね
  8. 俺たちは残る!
PAGE TOP