Loading

ブログ

キレては行けません

こんばんは。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

昔話です。

12年ほど前、ITシステム開発の会社で
プロジェクトマネージャをやっていた時のことです。

会議の席で
ブチ切れてしまったことがありました。

それは
会社合併に伴うシステム統合の
プロジェクト。

約5つのチームが作られ
僕はその中の1チームのマネージャでした。

数多くの会社の人が絡み
それぞれの価値観が異なり
利害関係も異なる中で
一つのゴールを目指すプロジェクト、
調整事が大変で、戸惑い、イラつくことが多かったです。

僕のチームは品質が悪く
他チームの足を引っ張りがちだったので
自分のチームを何とか立て直そうと
頑張っていた時でした。

しかし、その会議の場では、
各チームの進捗を厳しく問う進行役が
自分自身の担当仕事を行っておらず
しかもそのことをヘラヘラ笑って謝る様子に
ついついキレてしまったのです。

会議が終わった後、上司に呼ばれ
こう諭されました。
「あの人が悪いことは誰もが分かっている。
でも、どんなことがあっても、キレたらいけない。
キレたらビジネスマンとして、相手にされなくなるから」

上司に言われながら、
あ〜、そうだなぁ。
キレるって単なる自分の感情の発散だなぁ、
キレると、一時的にはスッキリするんだけど、
周りの応援が得られにくくなるので
自分の目的が達成しづらくなるんだな、
ってことを感じたのです。

 

さてさてこれは、今のこのコロナウイルスで
抑圧された状況でも同じですよね。

日々、キレたくなることも数多くあると思います。
でも、キレても何も変わらないし、
前に進まないのです。

キレそうになったら、
キレようとしている自分を
自分も周囲も見渡せる
5mくらい上空から眺めなおしてみる。
そうして、自分の滑稽さを茶化す。

そんな感じがいいのかな。
ま、こんなの僕だけかもしれませんが
参考にして頂けたら幸いです。

キレては行けません

キレても、何も得られるもの
無いっすよ。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ではっ


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 「ヒト」でなくて「コト」に集中する
  2. チームが勝つために仕事をさせる
  3. 日向坂46に見る組織活性化のコツ
  4. 大変だけど楽しいですよ
  5. バーチャル展示会「Vマ+」開催されました
  6. ラジオ番組作りで仕事の原点を思い出しました
  7. 必要以上に自分を責めない
  8. トランキーロは「・・・・」なことに使おう
PAGE TOP