Loading

ブログ

ITツールを使う目的は利益の最大化

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

いまさらですが、
僕は経営コンサルタントです。

と併せて、
5月くらいから
ITのソリューション提案を
しています。

それは、
RPAとAI-OCRという
事務処理の自動化のソリューションです。

AI-OCRは
昨日のブログで書いたように
手書きの文字を読み込んで、
文字データに変換してくれる技術です。

RPAは
アプリを立ち上げる、入力する、印刷する、検索する
などのパソコン上での操作を覚えてくれて
人間の代わりにやってくれる
コピーロボットみたいなものです。

左:Ui-Path、右:アクロボ
どっちもRPAツールです

どっちも、人間を楽にするための
ツールです。

技術的にはどちらも
そんなに新しいものではありません。

だから、提案に行ったさい、
「知られているかな」と思って
提案に行くのですが、
まぁ、9割くらいの方に
知らない、と言われます。

良いとか、悪いとかではなくって
「あ〜、知られてないんだな」
って実感しました。

伝える側(ITベンダー側)、
伝わる側(ユーザ側)の
両方の問題だと思うんですよね。

別に、
ITツールを使うことが目的ではなく
ITツールを使って利益を最大化することが目的です。

会社としてのやるべきことやりたいことを
人間がやるのかITツールがやるのか
QCDの観点からより良い方法をとること。

今回のコロナ禍で
「リモートで仕事ができる」
「TV会議でコミュニケーションが取れる」
「わざわざリアルで合わなくってもいいじゃん」
って言うことに気が付いた人、会社は
多かったんじゃないかと思います。

ITツールをうまく使えると
やれることが広がるし、
今できていることを
より楽に出来るんですよね。

こんな風に、技術を分かりやすく伝えて
業務を楽に効率的に行える組織を
もっと増やしたいと思います。

僕自身もRPA使って
毎月行っている
・請求書の発行
・入金のチェック
・当月の入出金明細のダウンロード&保管
このあたりの毎月30分〜1時間ほどかけてやっている
定例的でめんどくさい作業を
自動化していきます。

ITツールを使う目的は利益の最大化

今日は匂わせ投稿で
終わってしまいました(^-^;

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日も頑張りましょう。
ではっ


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 短気だった僕が、短気じゃなくなった理由は
  2. 動かなかったらどうしよう・・・
  3. 正論を振りかざす人にならない
  4. 誰かがいれば解決するわけではない
  5. RPA始めました
  6. 実態を捉えよう
  7. 今だからこそ、情報を発信しよう
  8. 営業日なんてくそくらえ!
PAGE TOP