Loading

ブログ

ITを使うのは働く人のため

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

先日、システム導入を
させて頂いているお客様から
こんなことをしみじみ言われました。

現場の人たちが
正しく働けるようになれたら
良いんだよね。

しみじみと言われたその一言が
とても沁みました。

ちなみに、
ここでいう「正しく」とは
「本来、人がやるべき仕事」
という意味です。

システムを導入しようとすると
どうしても反対される方が
一定数はいらっしゃいます。

誰だって、変化は怖いですからね。

でも、その方が
時間をかけてやっている仕事が
IT技術を使うと
すぐに出来てしまうことだったら
・・・
例えば、あるシステムの内容を見て
別のシステムに入力する、とか

毎日決まった帳票を出力するとか

数値があっているか
目視で確認しているとか・・・

だったら、
人がやらなくって
機械がやればよいのです。

もしかしたら、それによって
仕事が減ってしまう方が
いらっしゃるかもしれません。

でも、その方には
きっと別にやってもらうべき仕事が
あるはずです。

仕事を取り上げるつもりはありません。
やるべきことに
移り変わってほしいのです。

いずれ、そういう時代が来るだろうから
出来るだけ早めに、ね。

だから僕は
システム提案を続けるのです。

人がより、
働きやすくなるためね。

ITを使うのは働く人のため

あたりまえのことですが
改めて言葉にしてみました。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日も頑張りましょう。
ではっ


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. お客さんは神様じゃない
  2. 言いたいこと、言うべきこと、言えてますか?
  3. メタバース始めました①
  4. ポジティブなディスり合いが出来たチームはやっぱり強くなってた
  5. 20歳
  6. 7月20日は中小企業の日
  7. 動くものを作るのは楽しいです
  8. 経営者の考えることは成長と安定と存続
PAGE TOP