Loading

ブログ

積極的なチームを作るには

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

日向坂46のバラエティ番組
日向坂で会いましょう」(通称:ひなあい)が
めちゃくちゃ面白くって
毎週5回くらい
繰り返し見てます。

昨夜の放送も
ゲタゲタ笑いながら
見せてもらいました。

最近、日向坂メンバーの
メディアの露出が増えています。

多くのケースで出た番組で
キッチリと印象付けて
爪痕を残していきます。

それがリピートにつながったり
他のメンバーの仕事につながったり
好循環を生んでいます。

で、彼女たちの積極性って
「ひなあい」の経験が
生きているんですね。

この番組は
ホント、みんなが
積極的に笑いを取りに行くのです。

昨日の放送では
今年入ったばかりの
3期生が笑いを取りに行く場面が
ありました。

今年はコロナ禍の影響もあり
登場の回数も限られているのに
みんな積極的にやれてます。

僕なりにその理由を探すと
この2点と思っています。

1) 先輩が積極的なので引っ張られる
キャプテンの佐々木久美さん、1期の加藤史帆さんなど
先輩たちがドンドン新ネタを出したり
新たな笑いにチャレンジしたりしています。

そういう積極的な姿勢に引っ張られ
みんなが前のめりになっているのです。

2)チャレンジを許す空気
MCのオードリーや、スタッフさんたちが
「どんどんやっていいよ、失敗しても何とかするから」
という収録現場の雰囲気を作っています。

いわゆる
安心・安全・ポジティブな場(心理的安全性)が
彼女たちの積極性を
さらに加速させていますね。

なので、こういうことをチームでも
意識して作ることが出来れば
積極的なチームになれますね。

まぁ、
自分もできていること
できていないこと
それぞれありますが

彼女たちの積極席を見習って
頑張りたいと思います。

積極的なチームを作るには

明日は
ラストライブを迎える
欅坂46のことを書こうと思います。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

また明日。
ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. さ~て、次のビジョンは?
  2. 経営者に話を聞く時はGKGMの順番で
  3. 待ってます。チョウキジェ監督。
  4. 日本一って良いものですね
  5. リーダーだったら演じてみよう
  6. 予想通りに行かなくても予想しよう
  7. 誰のため何のため
  8. 目標は掲げよう!
PAGE TOP