Loading

ブログ

プロとして・・・決まりとして・・・

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

先日、知人の経営者との間で
こんな話がでました。

従業員が
始業時間ギリギリで
会社に来るとのこと。

・・・
ここだけとらえると、
あたり前のことかもしれません。
始業時間から仕事を始めるって考えたら
そうなりますね。

ただ、始業時間というのは
「仕事を始める」時間です。

と、考えると
始業時間ではすべての準備が
整ってなければいけません。

プロなんだから、当たり前ですよね。

始業時間より前に
出社している形になることもあるかと思います。

そうすると、ここには超過勤務が
でるのではないか、ということ。

皆さん、どうしているんでしょう。

始業前に準備のために
出社しろと会社が言ったら
それは命令になってしまうので
超過勤務分を支払う必要が
あります。

まぁ、でもその分まで
出せるような余裕のある会社は
そんな多くないですよね。

この話って
会社が超過分を全部払えばいいって
訳では無いし、
従業員が早出分の時間を全部かぶればいいって
話でもないです。

会社と個人
お互いがお互いを尊重しながら
落しどころを見つけるだけですかね。

まぁ、結論は無いのですが
最近、持ち掛けられた相談で
ホットだったので取り上げました。

プロとして・・・決まりとして・・・

僕は昭和の人間なので
ちょっと考え方が
古いんですけど

時代に合わせていかなきゃなぁ・・・

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日もハッピーオーラで
行きましょう (^O^)/

ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 中小企業は欅坂46を見習おう!
  2. ピンチの時こそ毅然としよう!
  3. 夢は言葉にすると叶う
  4. 会議の目的を思い出すキーワードは?
  5. 自分を奮い立たせる「それでも」という言葉
  6. 絶対にあきらめない
  7. プロフェッショナルとして生き残るために
  8. 綺麗ごとでは動かない
PAGE TOP