Loading

ブログ

どうすれば良いかが分かるまで落とし込む

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

コンサルティングのスタイルという
話しです。

コンサルタントの中には
理想論を伝えて
「以上です。後はよろしくやってください」
というような人もいます。

決して間違いではないと思います。
理想論は大事です。
理想をきちんと掲げていないと
何をすべきかが分かりません。

ただ、僕は
そういうスタイルではありません。
僕は、相手が
何をすればよいかが分かるまで
落とし込みます。

そのはじめの一歩が大変な
会社さんが多いからです。

実際、言うのとやるのとでは
大きな差があります。
いざやってみると
色々とうまく行かないことがありますからね。

そして、人は思い通りに
動くわけではないですしね。

まぁ、そんなのが
手間はかかるけれど
僕のスタイルですっていう話でした。

どうすれば良いかが分かるまで落とし込む

今年もあとわずか
張り切って行きましょう

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日もハッピーオーラで (^O^)/

ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 当たり前が当たり前であること
  2. ○○Jリーグを楽しもう
  3. おかたづけをすると心も組織も整うのだ
  4. ITは他人任せにしてはいけません
  5. 想いは言葉にすると叶う
  6. あなたはダイナマイトキッドのようになっていないか?
  7. しっかりと受け止める
  8. プロ同士の連携を大事にする
PAGE TOP