Loading

ブログ

相手に対する要求を明確にする組織を作る

こんばんは。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

サッカー、日本代表戦が
行われていました。

力の差がある相手だったので
得点の通りには受け止められないのですが
まぁまぁ、勝ってよかったです。

「湘南乃誇」遠藤航選手は
最後はキャプテンマークを巻いてましたね。
嬉しい限りです。

さてさて、かつて
日本代表だった中田英寿さんのことを
覚えているでしょうか。

中田さんは味方に対する要求が
高いことで知られていました。

よく、チームメイトに怒鳴っているシーンが
目につきましたね。

あれは、当然ですが
勝つためにやっていました。

パスのスピード、コース、回転、動き
様々な要求を「明確に」出していました。

要求を明確に出さないと
相手に勝てないからですね。

で、僕らのやっている仕事の上で
相手に要求を明確に出せているでしょうか。

僕もやっているつもりですが
正直やり切れていません。

「明日の12時までにやってほしい」
「この形で提出してください」
「事前に連絡して〇〇〇のことを伝えてほしい」

などなど、「明確に」だしていますでしょうか。

で、思ったのですが
これって組織文化ですね。

はじめのうちは言い辛くても
キッチリと伝えるようになれば
人と人の間の認識のブレが減り精度が上がり、
対応スピードが上がりますね。

だから、はじめのうちは
ちょっと辛くても
明確に主張するということを
意識しましょう。

相手に対する要求を明確にする組織を作る

ハッキリと言い合いましょう
ハッキリと

明日も
ハッピーオーラで
行きましょう (^O^)/

ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 外も内も使う
  2. RPA導入実践ガイドブックを読んで
  3. 高い安いを決めるのは当事者
  4. 給料は社長がくれるのではありません
  5. 誰もがサービス業
  6. 今日という一日を大切に
  7. 相手も受け身を取れるようにしよう
  8. 理念はみんなを包み込むもの
PAGE TOP