Loading

ブログ

部下との接し方の悩みを軽くしてくれる本

こんばんは。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

今月、オンラインのセミナーを
させて頂くことになり
その準備をしていました。

お題は「マネジメント」

チームを率いるリーダーが
どうやって部下をまとめて
目標達成を行えばよいか、

自分はリーダーとして
どんな考え方、ふるまいをすればよいか
そんなことをお伝えするセミナーです。

このネタは
もう何度かやっています。

ベースはできていて
少しずつ内容をブラッシュアップしながら
やっている感じです。

で、このセミナーの時に
参考にさせてもらっている本があります。
それが、この本

できる課長は「これ」をやらない
伸びる会社は「これ」をやらない
という2冊の本です。

これは「織学」という
人材教育・コンサルティングを行う会社の
安藤社長が書かれた本です。

この本には
管理職やリーダーの方によくある
部下との関係に関する悩みを
解消する考え方が書いてあります。

例えば
・部下のモチベーションは気にしなくてよい
・本人の意思を尊重することをやめる
・頑張っている姿をほめるのをやめる
とかですね

言葉だけ見るとビックリするけれど
内容を読むと納得します。

頑張る理由のモチベーションは
気にしてはいけない、
モチベーションは自ら起こすもの、
・・・とかですね。

目標を達成するために
最適なチームの作り方・考え方を
書いている感じです。

あ、当然ながら
全てが当てはまるとは
僕も思いません。

でも、この考えをインストールして
そういう腹積もりで対処したら
シンプルになります。

組織運営上での
いろいろな「錯覚(勘違い)」を
取っ払ってくれる本です。

読んでみてくださいね。

部下との接し方の悩みを軽くしてくれる本

 

いかに
「目的達成」というところから
ずれちゃっていたかを
実感させられました。

最後まで
お読みいただき
ありがとうございました。

明日も
ハッピーオーラで
行きましょう (^O^)/

ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 出来てなくても言いましょう
  2. 土台は安心・安全・ポジティブ!
  3. “協力する”とか“連携する”とかはありえません
  4. PDCAってこんな感じでやるんですね
  5. 祭りはプロジェクトだ!
  6. トップのメッセージがちゃんと伝わると会社はよくなる
  7. 未来のために振り返ろう
  8. 実態を捉えよう
PAGE TOP