Loading

ブログ

経営者も従業員も理解できる粗利目標

こんばんは。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

最近、僕の中で
テーマにしていることがあります。

経営者と従業員が
目標にできる粗利を
どうやって分かり易くするか・・・です。

ちょっと、表現がいまいちなのですが
経営者も従業員も
腹落ちできるような数字を
表現できているか、ということです。

例えば
建設業の会社さんであれば
工事別の粗利だし、

飲食業の人であれば
商品別の粗利だったり、

車の販売業であれば
車別の粗利だったり、

もしくは
部門別の粗利だったり

これをきちんと表現して
経営者と従業員の
目標をそろえたいのです。

ま、これをどうやって表現するかが
今の僕のテーマですね。

経営者も従業員も理解できる粗利目標

さてさて明日(26日)は
・19時から湘南ベルマーレvs 「絶対王者」川崎フロンターレ
・20時から日向坂のヒット祈願
楽しみです。

明日も
ハッピーオーラで
行きましょう (^O^)/

ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. PDCAってこんな感じでやるんですね
  2. 思いやりがあれば前置きも言える!
  3. 量がとっても大事
  4. 阿波踊りに見る、対立(コンフリクト)の仕組
  5. 俺たちは日本一を狙うステージに進むぞ!
  6. 目標があった方が頑張れる
  7. 営業さんって、ホント凄いですよね
  8. おとなの宿題・・・
PAGE TOP