Loading

ブログ

オンラインのコミュニケーションはハッキリと!

こんばんは。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

今日は
オンラインセミナーをさせて頂きました。

今日の内容は
若手のリーダークラスの方向けの
マネジメントセミナー。

参加されたのは
北は北海道から
南は九州までの合計20名。

その中で、冒頭少し長めに時間をとって
お伝えしたのは
「意思表示をはっきりしてほしい」
ということ。

なぜならば、オンラインの画面越しだと
相手の状態が分かりにくいので
ハッキリとした意思表示がいるのです。

「分かっている」
「分かっていない」
「トラブルがあった」
等々、自分の状態をはっきりと相手に伝えないと
相手は察してくれないのです。
(仕方ないですよね。分かりにくいので)

なので、冒頭は時間をかけて
・笑顔はいつもより5割増し
・何かあったら、ミュートを解除して言ってもらうか、
チャット機能で言ってもらうか
・体を使ってのOKサイン、NGサイン
などなどの必要性を伝えました。

おかげで、冒頭の方で
「音が聞こえにくいです」と言ってくれた方がいたので
すぐに改善することが出来ました。

オンラインの会議とかセミナーとか
参加する機会が増えると思いますが
参加者であれば「自分のことをはっきりと伝える」ことを
意識してほしいし、

主催者側であれば「言い易い雰囲気、気軽に言える仕組み」等を
準備しておく必要がありますね。

ま、そんなことを改めて気付いたので
忘れないうちにブログに書きました

オンラインのコミュニケーションはハッキリと!

意識してみましょう

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

明日も
ハッピーオーラで
行きましょう (^O^)/

ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 総務・経理代行サービスの導入例
  2. デジタル化して生き残りましょう
  3. 気軽に進められるデジタル化で業務改善
  4. 補助金のメリットとデメリット
  5. 中小企業支援のラストワンマイルを実現させよう
  6. 問題解決ってこんな風にやっていくんです。
  7. 中小法人には社会人教育がもっと必要かも
  8. 新時代のケツ意
PAGE TOP