Loading

ブログ

逃げずに受け止めるのがプロレスの醍醐味です

こんばんは。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

今日は
応援させてもらっている
ヒートアップ・プロレスリングの
新百合ヶ丘大会。

楽しく拝見させてもらいました。

競輪との二刀流を続ける
SHINGO選手の力強い試合

昨年12月にデビューした今井礼夢選手の
待ちに待った初勝利!

TAMURA VS LEONAの
テクニシャン対決

そして、メインイベントは
GLEAT所属、カズ・ハヤシ、渡辺 壮馬の親子タッグ vs
プロレスリングBASARA所属 神野 聖人、中野 貴人の愛人タッグ

どちらも、その愛らしい(?)チーム名とは
似ても似つかぬ激しい戦い。

特に、愛人タッグは
かつてのスタイナー・ブラザーズを思い出させるような
スピーディでパワフルなファイトで
タッグの面白さを再認識させてくれました。

改めて感じたことは
プロレスラーの「対応力の凄さ」。

相手の技を逃げずに受け止めて
しっかりと返す。

当然、激しい動きの中なので
多少、技がずれるようなこともありますが
それでもきっちりと受け止めて、次の技につなげる。
ホント、勇気と元気をもらいます。

見たことない方は
ライブでも、配信でもよいので
ぜひヒートアップ・プロレスリングを
一度見てみてくださいな。

逃げずに受け止めるのがプロレスの醍醐味です

あ、明日の12:30からのラジオ
かわさきFM 「うっち〜&みっつ〜の経営相談室」は
今日試合に出たばかりのTAMURA選手を
ゲストに迎えてお送りします。

お楽しみに〜

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

明日も
ハッピーオーラで
行きましょう (^O^)/

ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. デジタルの壁にどう対処していこうか?
  2. プロレスへの恩返しであり恩送り
  3. いなくなっても、チームはチーム
  4. 状況に応じた対応
  5. ぶれないものが強い
  6. 前例に囚われない
  7. 一丸となってチームで戦う
  8. みんな丸く収めるのがプロレスです
PAGE TOP