Loading

ブログ

3位という結果をどう受け止めるか?

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

 

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

昨日の
MVPコンテスト、
3位でした。

・・・
・・・
・・・
優勝を目指している以上
3位という結果は残念だし、

でも
3位に入れたということは
良かったことだし。

どちらとでも取れますね。

ただ、事実として
3位でした。

事実を正確に
受け止めるということ。

昨日のプレゼンの中でも
話した
「受けの美学」
ですね。

いったん事実を
受け止めて
正確に
把握することが
改善の第一歩です。

そこから考えてみると・・・

今年は
どちらかというと
自分のだせる力を
100%に近づけることが
精一杯でした。

「自分の力を出し切って
結果、勝てればOK」
という感じでした。

優勝した
あべきさんは
「勝つために何が必要か?」
というところから
逆算して考えてました。

プレゼンもそうですが、
それ以外の準備を
きちんと行っていました。

多分、そこが
僕には
かなわなかったところ
何だろうなと
思います。

今回、僕が
一番良かったのは
「笑ってもらう」
という点と
「会場の一体感を作る」
という点だったと思います。

今までの自分には
全くない引き出しが
出てきました。

新日本プロレス的に言うと
田口ジャパン的な
感じですね。

すんげ~
楽しかったです。

これから
また
楽しくやって行けそうです。

で、
色々な方に
聞かれました。

「来年はどうするんですか?」

昨日の時点では
「ちょっとまだ考えられない」
って言って
逃げてきました。

ま、
でも
アウトプットが先なので
言っちゃうと

来年は優勝を目指します!!!

3位という結果をどう受け止めるか?

応援してくれた皆さん
本当に
ありがとうございました。

今日も頑張りましょう。
ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 続けるには理由があります
  2. 認知と人気は違うのです
  3. 凡事徹底(ぼんじてってい)
  4. 自分の強み弱みを正確に把握するには?
  5. 地域活動は気づきをもらえる場
  6. 第三者目線の必要性
  7. 教えることが最大の学びになる
  8. 親が車の運転を止めてくれました
PAGE TOP