Loading

ブログ

メタバース始めました その②

こんばんは。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

昨日に引き続き
メタバースのお話です。

メタバース、仮想空間のサービスですが
どんなことができるのでしょう?

① コミュニケーションが取れる
仮想空間上でアバター(自分の分身)を動かして、
他の方とコミュニケーションを取ることができます。

え、そんなのzoomみたいなテレビ会議でも
取れるんじゃないの?と思われるかもしれません。

違うのは
「知らない人と」コミュニケーションを取れる、と言うところ。

例えば、イベント会場の仲を歩いていて
他の方に話しかける(話しかけられる)、というような感じです。

SNSでの交流や、zoomなどとの交流とは
一味違いますね。

② 身体的な制約を受けない
バーチャル世界での交流なので、
当たり前ですが
物理的な制約を受けません。

どこの場所にいようと関係ないですし、
自分が動けても動けなくても関係ありません。

当然、物理的な出会いは大事だし
その必要性も変わらないと思います。「

ただ、時間的・場所的な制約や
コロナ禍での行動制限なども考えると
リアルでの活動を補完するような形になるかと思います。

さてでは、
展示即売会イベント「Vマ+」の特徴は何でしょうか?

1. 自分のアバターで自由に歩き回れる
人通しが偶然に出会ったり、今まで知らなかったお店に
ふらっと立ち寄れて見たり、
ウィンドウショッピングをバーチャル空間で行うことが可能です。

2. 音声会話ができる
マイクを使って、他の方と音声会話ができます。
チャットでもコミュニケーションは取れますが
実際に音声を使えた方が、より親近感を感じてもらえますね。

3. ショップごとに決済できるEC機能がある
買いやすくしてます、ということです

4. PCさえあれば使える
VR、というとどうしてもヘッドセットをイメージしますが
Vマ+はパソコンだけで動きます。
気軽に試せますね。

次回はVマ+の楽しみ方、
みたいな感じでお伝えします。

なお、「Vマ+」は
デモ環境があるので
気軽に試してみてくださいな。
(手順)
① 下記リンクに行く
https://vma-web.virtual-space-market.com/user/
② アカウント登録をする
③ ログインして、デモ会場のアイコンを押す
④ イベント会場入り口を押す

メタバースも
ハッピーオーラで
楽しみましょう (^O^)/

ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 覚悟を決めて濃い一日を送る
  2. 楽しく行きましょう
  3. いくら売り上げたらトントンになるのでしょうか?
  4. オンラインのセミナーの時に気を付けること
  5. そろそろ継ぎませんか?
  6. 思い込みを押し付けてはいけません
  7. 情報は取りに行け!
  8. 時間軸を延ばす
PAGE TOP