Loading

ブログ

戦略の略は○○の略!

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

先日、参加した
セミナーで習ったことです。

戦略の略は○○の略!

さて、なんでしょう?

・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・

答え、
省略の略でした。

つまり、やらないことを決める
ってことです。

いやぁ・・・
この手の話は何度も聞いたことがあり、
今までそれほど気にしてなかったのですが
身につまされました。

で、僕自身で考えた時に
何をやらないか・・・というと
「相手の気持ちを気にしすぎること」
をやめます。

だって、成果ほしいんだもん。

相手の機嫌を損ねることを
気にしすぎるくらいだったら
バシッて言ってしまおうと思います。

だって、そんなことに
悶々としている時間なんてないから。

でも、世の中の多くの経営者は
部下に思うことを言えずに
困っています。

言い方を悪く言うと
部下に迎合せざるを得なくなっています。
なぜなら、部下が辞めてしまっては
困るから。

でも、本来迎合すべきは
部下ではありません。
お客様であり、マーケットです。

そちらに合わせなかったら
生き残れません。

会社が生き残るのと
部下の機嫌を取るのと
どちらが大事でしょうか?、という話です。

だからって、場を壊すようなことを
するつもりは
当然ありません。

とはいえ、
言うべきことが言い合えずに
成果が出にくいのだったら
本末転倒ですよね。

そのあたりを
経営者の方が
自分の考えをしっかりと
組織内に浸透できるように

サポートしたいと思います。

戦略の略は○○の略!

あなたは何をやめますか?
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ではっ


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 応援される存在になるには
  2. 逃げずに受け止めるのがプロレスの醍醐味です
  3. リーダーには補佐役が必要です
  4. 酒井高徳選手、お帰りなさい!
  5. 自分にできるのは応援するだけ
  6. 技術は進化しているんですね〜
  7. 理想をかかげながら現場に寄り添う
  8. 伝えるのと伝わるのは違う
PAGE TOP