Loading

ブログ

事業別の損益も見ましょ

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

「ペッパーランチ」や
「いきなり!ステーキ」を
展開している
ペッパーフードサービスのことが
ネット上でざわついています。

「ペッパーランチ」事業を
売却するとかしないとか・・・

ちょっと気になったので
今年の2月の
決算発表資料を見てみました。

まず売上で見ると
ペッパーランチが8,788百万円、
いきなり!ステーキが57,129百万円
あ〜、主力事業は
いきなり!ステーキなんだなって
この売上構成を見ると分かりますね。

それでは、それぞれのセグメントの
営業利益を見てみましょう。

ペッパーランチは1,225百万円
いきなり!ステーキは1,924百万円

売上高営業利益率・・・・
つまり、売上に対して
どのくらい儲けたかという数値を見ると

ペッパーランチは1,225÷8,788=14.0%
いきなり!ステーキは1,924÷57,129=3.4%

圧倒的に
ペッパーランチの方が
効率が良いのです。

あ、ちなみに、
どっちも黒字っぽく見えるけど、
違いますからね。

本社経費が3,292百万円かかってるから
これを加味する必要がありますね。

それぞれの事業別に割り振ったら
いきなり!ステーキは
大きな赤字になります。

ちなみに、過去にさかのぼって
2017年12月期のセグメント別損益を見ると
いきなり!ステーキは売上高27,005百万円に対して
営業利益2,514百万円。
売上高営業利益率9.3%。

このころはよかったようなのですが、
2018年ころから
店舗が飽和状態となり
収益性が悪化していったようです。

収益の柱である
「ペッパーランチ」の売却話って
考えにくいんですけど
どうなるのでしょうか?

まぁ、正式な発表を待ちましょう。

さてさて、お伝えしたかったのは
セグメント別損益が分かると
こういう判断が出来るってことです。

こんな風に、複数事業をやっている会社さんは
税理士さんと相談しながら
事業別の損得を作っておいて下さいね。
それが難しかったら
社内で作る感じですね。

事業別の損益も見ましょ

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ではっ


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 営業日なんてくそくらえ!
  2. 自分を磨くGWにしましょう
  3. 三沢光晴の思い出を語ろう
  4. 絶望を退ける勇気を持て
  5. 少子高齢化・・・ってどういうことか
  6. MVPコンテスト2020、始動しました
  7. なぜ勝利が必要なのか伝わってますか?
  8. プロジェクトのキックオフで大事なことは?
PAGE TOP