Loading

ブログ

平手友梨奈は社長と一緒でした

こんばんは。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

欅坂46のドキュメンタリー映画
「僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46」を
やっと見れました。

ネタバレの無い範囲で書きます。

欅坂46がデビューして
「サイレントマジョリティー」でブレイクして
その後どんどん有名になっていく。

その原動力となったのは
絶対的センターの平手友梨奈さん

彼女の表現力、ストイックさは
他のメンバーとはレベルが違いすぎました。
他のメンバーもすごいのですが、
彼女が違いすぎるのです。

そして、高みを追い求めるあまり
周囲のメンバーとの距離が少しずつ開いていく。
笑うこともなくなり触れにくい存在となり
誰も彼女を理解できなくなっていく・・・

彼女自身はさらにさらに自分を追い込み
身も心も削りながら、ライブに臨む。
その行き過ぎたパフォーマンスにより
周りも振り回されてしまう。

最終的には
身を引くような形で
グループを離れてしまう

でも、彼女自身は欅坂のこともメンバーのことも
大事に思っている。
決して自分のことだけを
考えているわけでは無いのです。

とても切なく、心が痛みました。

僕がこれを見てて感じたのは
「平手友梨奈は社長と一緒だな」ということ

みんなで始めるのだけれど
グループの中心という重圧と闘ったり
重いものを背負ったり、
グループの外とも触れる機会が
増えてきたりすると
どうしても目線は他のメンバーとは
変わってきます。

そのうちに周囲と話が合わなくなり
孤独になり孤立してしまう。

だからこそ、
僕らコンサルは
社長と同じ目線で話せるように
社長の支えになれるように
自分自身も高みを目指さないといけないし
チャレンジしていかないといけないんだな、
って感じてました。

さてさて、欅坂46
ラストライブも無観客の配信と
なってしまいました。

仕方ないとはいえ
残念としか言いようがありません。

でも、欅坂46としての
最後のパフォーマンス
しっかりと見たいと思います。

平手友梨奈は社長と一緒でした

最近の
平手友梨奈さんの笑顔には
ホントほっとします。

演技者として、
道を究めてほしいです。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

明日もよい日でありますように。
ではっ


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 回せば回すほどよくなるものってな~んだ?
  2. 問題解決ってこんな風にやっていくんです。
  3. やったら意外と楽しいですよ
  4. みんな丸く収めるのがプロレスです
  5. 待つって大変ですね
  6. 一歩目を踏み出そう
  7. 話すのって苦しいけど楽しいですよ
  8. 努力は夢中に勝てない
PAGE TOP