Loading

ブログ

理想的な会議

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

 

大好きな10人の
ビジョン達成プロジェクトを
マネジメントすることが
自分のビジョン

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

 

先日行った
管理職向け研修の中で
こんな質問をさせてもらいました。

会議の中で
過去と未来の割合って
どういうのが理想ですか?

 

A) 過去:未来=8:2
B) 過去:未来=5:5
C) 過去:未来=2:8

 

皆さんはどう思いますか?

 

 

 

答えは
圧倒的に
C)でした。

次に
改めて
似たような質問を
しました。

 

では、現状はどうですか?

A) 過去:未来=8:2
B) 過去:未来=5:5
C) 過去:未来=2:8

 

 

答えは
A)が多かったのです。

 

 

そう。
どうしても会議って
過去の振り返りとか
確認とかに
追われてしまうのです。

 

誰が悪かったの?
なぜ失敗したの?
なんて、要因分析の場に
なってしまうのです。

 

でも、理想は
未来、つまり
これからどうしよう
を中心に話す会議。

つまり、次の行動の
約束の場になっててほしい。

そして、会議終わった瞬間
「よっしゃ、頑張って○○やるぞ!」
みたいに

それぞれがやることが
明確になっていて
やる気が乗っている状態、
こんなのが理想ですね。

 

だから、
会議の前に
事前にできる確認や
分析とかは

済ませておくのが
望ましいのです。

 

・・・って
頭では分かっているんだけど
ついつい忘れて
ふわっと会議に入って

大勢の方の貴重な時間を
無駄に使っちゃうことが
あるのです(T_T)

 

これって
会議に参加する人みんなの
ちょっとした意識の持ちようで
大きく変わります。

それって、5分とか
10分とかの
ちょっとした努力。

それをさぼらない様に
したいと思います。

どっちかというと
今日は自分への
戒めのために
書いてます。

でも、
少しでも参考になれば
幸いです。

 

理想的な会議

 

未来のことを
語る会議を
しましょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日も頑張りましょう。
ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. リーダーだったら演じてみよう
  2. 変わろうぜ
  3. エースが休めるチームを作る
  4. 模範となる存在でいる
  5. コツコツやろう、コツコツと
  6. 2021.11.22はMVPコンテスト復活の日!
  7. 決めるのは上司の責任です
  8. 行ったことの無い道を進みましょう
PAGE TOP