Loading

ブログ

知ってもらう努力、足りていますか?

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

 

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

知人の須藤貴裕さんが
副住職を努めている
厚木市の本庄寺で
お寺の木に名札をつけた
とのこと。

須藤さんが所属している
日蓮宗青年僧の
神奈川県第三部青年会の
ブログによると

「自分がその場にいなくても、
お参りした人に楽しんでもらえる
仕掛けを増やしたい」

と言う狙いがあるそうです。

素敵な
発想の転換ですね。

 

さらに加えて

「どなたでも参拝歓迎」という
お知らせと
境内の見取り図も
貼ったそうです。

これは僕だけかも
しれないのですが、

お寺って関係者でないと
入ってはいけないように
感じてしまいます。

特に本庄寺は
階段と坂を上らないと
いけないので
さらにハードルが高いです。

そんなのを払しょくするため、
気軽にお参りしてほしいから
貼ったそうです。

実際、本照寺さんは
見晴らしもよくて
素敵なところですよ。

 

さてさて、
このブログをみて
感じたことを
自分の生活、家族、
仕事のこと、
色々なことと結びつけて考えました。

そのうち、「仕事」について
書きたいと思います。

実は僕のホームページは
「厚木 経営コンサル」
で検索すると
1ページ目に来ます。

ですが、
問い合わせがあるのは
年に数件です。

理由としてはどちらかなのだと思います。

  1. そもそも検索する絶対数が少ない
  2. 僕のHPに来ても何してくれるかよく分からない

 

実際に直近の
検索情報は
見ていないのですが、

1の場合だとすると

そもそも経営コンサルに対する
ニーズが無い

2の場合だとすると
経営コンサルタントは分かっても
僕自身がよく分かってもらえていない

ということなのかなぁ・・・と。

つまり
経営コンサルタントって
どういうことをしてくれるのか?
僕がどういう人なのか?

知ってもらう努力が
不足しているのです。

 

内藤哲也が言うように
「想いは言葉にしないと伝わらない」

 

ってな訳で
僕自身のこと、
僕や仲間のコンサルタントが
どんなことをやっているのかを
知ってもらうために

明日、2/4(月) 20:00から
キャッシュフローコーチ仲間で
人と組織のスーパーサポーター
佐藤真一さん
Facebookライブ 真チャンネルに
出演させて頂きます。

・・・っていう
告知のブログでした(^-^;

知ってもらう努力

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

良い日曜日をお過ごし下さい。
ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 罪を憎んで人を憎まず
  2. かなえるまでやり続けよう
  3. 現場でないと分からないこと
  4. 未来の自分を描いて現実にしよう
  5. 相手への敬意を忘れない
  6. ハンコがいらなくなるかもしれませんね
  7. 理想から現実に徹底的に落とし込む
  8. 有馬記念で考える
PAGE TOP