Loading

ブログ

想いを正確に伝えるには?

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

厚生労働省のポスターが
叩かれています。

芸人の小藪千豊さんを使った
「人生会議」のポスター。

厚生労働省のHPによると、

「人生会議」とは、もしものときのために、
あなたが望む医療やケアについて前もって考え、
家族等や医療・ケアチームと繰り返し話し合い、
共有する取組のことです

だそうです。

その会議の事を伝えるためのポスターですが、
茶化している
怖がらせて啓発できるのか
遺族の感情に寄り添っていない、
などと抗議が殺到したそうです。

・・・
僕はそんなにひどいものとは
思いませんでした。

小藪さん自身は
この人生会議の愛称選定委員会に入っているし、
自身も50代で母親を亡くしている・・・
ポスターをやる正当性はあるのです。

批判を受けて、厚生労働省の担当者は
このように言っています。

見た人の受け止め方は様々ですし、
我々の伝えたかったことと齟齬があるようなので
丁寧に説明する必要があると感じています

 

そうなのです。
意図を正しく伝えるのって
難しいのですね。

どうすればいいのでしょう?

いくつか方法はあるとは思いますが
僕が思いつくのは
・繰り返し伝える
・伝え方を変える
・伝える役者を変える
などでしょうか。

今、関わっている会社で
LINEグループを作って
日々バリューに関して
考えてもらい発表してもらってますが
「繰り返し伝える」
の実践ですね。

想いを正確に伝えるには?

繰り返し伝えるってのが
一つの方法ですね。
ご参考までに

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日も頑張って行きましょう。
ではっ


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 税理士の先生に褒められて嬉しかった件
  2. とにかくやってみよ~
  3. 難が有るのは有難い人生
  4. Everyone HERO~誰もが誰かのヒーローだ~
  5. 短気だった僕が、短気じゃなくなった理由は
  6. 削る、削る、削る
  7. 絵を描いてもらいました
  8. 身をもって学びました・・・(^-^;
PAGE TOP