Loading

ブログ

決め方を決める

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

昨日は
先日終わったばかりの
MVPコンテストの実行委員会の
ZOOMによるテレビ会議でした。

お題は何かというと
「来期のMVPコンテストの実行委員長をどうやって決めるか?」

???
誰にするかを決めるのではありません。
どうやって決めるか、という
決め方を決める打合せです。

ちなみに、
実行委員長は今まで立候補したメンバーによる
決選投票で決めていました。

なぜ、こんな打ち合わせを
したのでしょうか?

僕らの日本キャッシュフローコーチ協会は
まもなく500人を超える組織となります。
もうじき1000人という規模も
視野に入ってきます。

その組織の看板イベントである
MVPコンテストは
年々、注目度が高まっています。

その顔ともなる実行委員長を
今年も今までと同じように
立候補で決めてよいのか?という
話が出ました。

なので、決め方自体を決めたのです。

白紙に戻して
フラットに考える、
いわゆるゼロベース思考ですね。

一時間強の打合せを行い、
いくつか意見がでた結果
最終的には
・自薦による立候補
・投票の際の基準を明確にする
と言うように
昨年までの決め方をやや修正した形で
決まりました。

どんどん大きくなっていく
組織であり、
未知の領域に進んでいるので
こう言うステップを経ることが
大事なのですね。

組織づくりの勉強となりました。

決め方を決める

1年後に向けて
もう走り出していますよ

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

午後も頑張って行きましょう。
ではっ


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 進化をやめない
  2. ポジティブなディスり合いが出来たチームはやっぱり強くなってた
  3. 識学を語ろう~5.変化【考えが変わるのと行動するのと、どっちが先…
  4. 組織もAIも強いものは同じ
  5. お前には覚悟があるのか?
  6. 想定外でも迷わないすぐ決まる組織を作るには
  7. 決断する責任
  8. 目標のために一丸となる
PAGE TOP