Loading

ブログ

自分を奮い立たせる「それでも」という言葉

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

何となく
Twitterを見ていたら
こんな投稿がありました。

「たとえどんな現実が突きつけられようと、
『それでも』と言い続けろ。」

主人公であるバナージ・リンクスの
敵でもあり、お姉さんみたいな存在でもある
マリーダ・クルスが

未来を見失い落ち込んでいるバナージに
かけたセリフです。

この投稿見た時、
ついついこの場面を思い出し、
マリーダさんのことを思い出して、
泣いちゃいそうでした(^-^;

さてさて、
生きていたり、仕事していたりすると
心がおれそうな場面に出くわすことは
しょっちゅうあると思います。

でも、そんなときに
この、マリーダさんのセリフは
とても心に響きます。

「それでも・・・」
どんなに心がくじけようと、
自分がやらなければいけない理由があるのではないですか?

「それでも・・・」
どんなに心や体が重くても
あなたしかできないことがあるはずです。

「それでも・・・」
あなたを待っている人のために、
あなたがなすべきことがあるのではないですか?

いくら心がおれようとも
「それでも」
僕たちは闘い続けます。

否定的な
「それでも・・・」
という言葉ですが、
こんな使い方をすると
自分を奮い立たせるのに使えますね。

自分を奮い立たせる「それでも」という言葉

あなたはどんな時に使いますか?

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日も頑張って行きましょう。
ではっ


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. ラジオで気づいたのは○○感の大切さ!
  2. あなたはどんなリーダーですか?
  3. 借入金の目安ってどのくらいですか?
  4. 熱はこもっているか?
  5. 頑張れなんて言いません
  6. アンビバレントになってませんか?
  7. 願いを叶える
  8. 想いは言葉にすると叶う
PAGE TOP