Loading

ブログ

踏みとどまることが会社を経営する者の務めである

こんばんは。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

今日は義理の父の七回忌でした。
義父は経営者でした。
1代で会社を興し、50人くらいまでの会社に
育て上げました。

7年前のある土曜日、
大好きだった大学野球を友人たちと一緒に見て
その後、飲んで帰って
その日の夜に
急に亡くなってしまいました。

あれから7年。
独立して仕事をするようにはなりましたが
義父には全然近づけている気がしません。

義父が亡くなった時に感じたことは、
「人は前触れもなく死ぬんだなぁ」と言うことです。

最近、同年代でイケイケだった経営者の方が
急に亡くなったこともあり
改めて実感しています。

さてさて、義父の墓標に
書かれているのは
義父の知人が送ってくれた追悼の詞です。

色々と役に立つことが書いてあります。
特に僕が
「踏みとどまることが会社を経営する物の務めである」

コロナ禍の中
大変な会社さんも多いと思います。

実際、僕が関わらせて頂いている会社さんも
そういう会社さんもあります。

でも、なんとかしてここは踏ん張って
乗り越えて行きたいな、と。

僕がお伝えしているのは
そんな言葉です。

踏みとどまることが会社を経営する者の務めである

一緒に乗りこえましょう。
そのために僕らコンサルタントはいるのです。

明日も
ハッピーオーラで
行きましょう (^O^)/

ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. プロレスラーのTAMURAさんがラジオに来てくれます
  2. やっぱり、プロレスは最高の学びの場です
  3. コンサルタントには絶対的な安心感が必要だ!
  4. プロフェッショナルとして生き残るために
  5. ウチヤマも負けられない戦いに勝ちました!
  6. ジュニアリーダーから大いに学びました
  7. 知ってもらう努力、足りていますか?
  8. みんなが楽しめる立食パーティー
PAGE TOP