Loading

ブログ

場を作る

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

 

大好きな10人の
ビジョン達成プロジェクトを
マネジメントすることが
自分のビジョン

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

 

コンサルタントが
いると何がいいの?

って聞かれることが
良くあります。

 

社長の相談相手になれること、
社長と従業員のパイプ役になること
第3者視点でのアドバイスができること、

などなどありますが、

一つには
場を作ること

というのがあります。

例えば、
毎月1回(もしくは毎週1回)定期的に会うことで
振り返りや見通しを行う
時間と場ができること

もしくは、
社長と会長、
親と子、
社長と奥さん、
社長と社員、
などが話しあう
場ができること

なんてのがあります。

後者の時に
僕が意識しているのが
レフリー役

ちなみに僕は
プロレスのレフリー役を
意識してます。

つまり、
空気と流れを読んで
ある程度の反則は
流したり

一緒に戦ったり
しながら、

基本的には
社長の戦いやすい場を
整えるようにしています。

 

この、会議を
盛り上げること、

専門用語でいうと
ファシリテーション
ですね。

「ファシリテーション(英: Facilitation)は、
会議、ミーティング等の場で、発言や参加を促したり、
話の流れを整理したり、
参加者の認識の一致を確認したりする行為で介入し、
合意形成や相互理解をサポートすることにより、
組織や参加者の活性化、
協働を促進させるリーダーの持つ能力の1つ。」

 

https://goo.gl/x3wgqF

社内や身内だけだと
なかなか議論がスムーズに進まない、
そんな時にファシリテーターを置くと
話がスムーズに行くこともありますね。

 

たまたま昨日、
社長と打ち合わせをしていたら
従業員が社長に文句を言いに
怒鳴りこんできました。

荒れるところだったのですが、
うまく話を引き出しながら、
その場を利用して
お互いの想い・考えを
共有する場にすることができました。

ファシリテーターって
必要なんだなと
改めて実感できたので、
シェアします。

 

場を作る

 

会議の場を作るのも
コンサルタントの役割です。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日も頑張りましょう。
ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 間違っていることを間違っていると言えるか?
  2. マニュアルは万能じゃない!
  3. プラスの影響力を広げる
  4. 難が有るのは有難い人生
  5. 子どもでもPDCA
  6. ビジネスで必要なことはプロレスから学べます
  7. あなたは今日、どんな服装で出かけますか?
  8. “なるはや”っていつまで?
PAGE TOP