Loading

ブログ

俺たちは後楽園ホールでビジネスイベントをやる!

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

 

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

 

今日は宣伝です!

 

今週、何回か書いている
日本キャッシュフローコーチ協会
MVPコンテスト2018
のお話

何回か書いている通り、
今週、この実行委員会で
集まって
熱海で打合せを行ったのだ。

 

毎月1度は
ZOOMという
テレビ会議システムを使って
打合せしてるんだけど、

やはり直接会って
一体感を高めることも
必要なので
あつまるのだ。

 

どうやって皆様に
価値をお伝えして
会場の後楽園ホールまで
足を運んで頂くか?

盛り上げるための
場内演出
ライティング・音楽・スモークなど
どうするか?

気持ちよく
観覧して頂くために
どうするか?

などなど、全て僕ら
キャッシュフローコーチが
運営するのだ。

イベント会社に頼んでしまえば
簡単かもしれないけれど、
僕らキャッシュフローコーチ、
一人一人の価値を
来場した皆様に
肌で感じてもらうためにも
僕らが主体でやるのだ。

 

ちなみに、
後楽園ホールと言えば
格闘技の聖地

後楽園ホールで
ビジネスイベントやるって
恐らく、うちらの団体だけ。

後楽園ホール側にも
始めはなかなか
理解してもらえなかったけれど、
仲間のキャッシュフローコーチが
熱意と誠意をもって
粘り強く交渉してくれたから
会場利用を許可してもらえたのだ。

なぜ、
この場所にこだわるかと言うと、
代表理事の
和仁先生の言葉を借りると、
「ビジネスで必要なことはプロレスで学んだ」
から。

例えば、
チャンピオンベルト理論

多くの従業員が勘違いする
「役職に就いたから給料が上がる」
ということでは無く、
「役職に就いて、成果を上げた時、給料が上がる」
ということを
IWGPインターコンチネンタルのベルトと
その価値を引き上げた
中邑真輔(なかむらしんすけ)の
事例で説明するものだ。

僕自身も
セルフイメージを
「経営者のタッグパートナー」
としているくらいだから、
プロレスの世界観は
自分のコンサルティングスタイルに
十二分に活かしている。

今回、
こういう大規模イベントの
運営に関わらせてもらって
組織運営やプロジェクト遂行を
設計したり学んだり、

代表理事の和仁先生や全国の仲間と
コンサルティング事例やノウハウを
シェアしあったりできるのも

僕らにとっては
全てが学びで
進化のタネとなり、
クライアントへの還元となる。

そんな風に
日々進化する
僕らのステージを
ぜひ、見てほしい。

そして、
前向きな行動につながる
学びと勇気を得てもらう
そんな、熱い熱い一日にするから
ぜひ、来て下さいねっ!

お申し込みは、こちらから↓
https://www.jcfca.com/mvpc2018/

俺たちは後楽園ホールでビジネスイベントをやる!

 

明日は、
この会議の時に実践された
濃度の高い会議をする方法を
お伝えしよう!

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日も頑張りましょう。
ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. ○○してないですよ
  2. うだうだ言わずに、○○やって!
  3. 数字と向き合って改善していこう
  4. 宮島でビジネスを学ぶ
  5. 地域活動は気づきをもらえる場
  6. ゴミ袋の楽な結び方、知ってますか?
  7. 3位という結果をどう受け止めるか?
  8. 銀行はお金を貸すときに会社のどこをみているでしょうか?
PAGE TOP