Loading

ブログ

適切な振り返りができると自分が強くなる

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

 

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

振り返りができると自分が強くなる

明日は
サッカーのアジアカップ
決勝ですね。

決勝は日本 VS カタール

「えっ!?」と
驚くようなカードかもしれません。

しかし、この決勝戦を
予想していた人がいます。

元スペイン代表の
シャビですね。

決勝戦どころか
ベスト8のうち7チームまで
当てるという
驚異の的中率を誇っています。

「魔術師」なんて
呼ばれてますね。

シャビによると
優勝はカタールだそうですが、
そこはなんとか
くつがえしてほしいなぁ・・・

 

さてさて、
僕の応援する
湘南ベルマーレにも
「魔術師」といわれる
人がいます。

選手たちの心を
ものの見事に当ててしまうことで
「魔術師」と呼ばれている
チョウ キジェ監督です。

この写真は
かつてご縁があり
監督のお話を伺った時に
直接頂いたサインボールです。

成功したということより
なぜ成功したかを
知っている人は素晴らしい

言葉を大切にする
チョウ監督ならではの
メッセージですね。

 

この言葉を
僕なりに解釈すると

なぜ成功したかを知っている
つまり、
自分自身を振り返り、
自分の行動と結果の関係を
自分の言葉で説明できる
となります。

これができると
繰り返し同じことができたり、
他のことに応用したりできます。

自分で考える力、
相手に伝わる言葉にする力を
身に付けてほしいという
監督のメッセージだと考えています。

僕がこの事を
少し活用した例をお話しします。

 

先日、お会いした経営者の方が、
現在の社会的には
明らかにNGな行動をとっていました。
(ちょっと常識を疑われるので
ここには書けません)

以前の僕なら
ストレートに言って怒らせてしまい
結果、相手の行動を
変えられなかったと思います。

なので、
今回はこんな風に話しました。

○○社長、
今の行動を世間の人が聞いたら
どう感じると思いますか?

 

まだ言ってから間もないので
どれだけ効果があるかは
分からないのですが、
少なくともその場で
社長が怒ることは
ありませんでした。
(その場だけかもしれないけど・・・(^-^;)

 

これは、
僕の主観ではなく、
世間の目という
客観的な観点から
話したのです。

これにより

相手に伝えたいことを
自分ではなく
第3者の意見として想像して伝える

という技を身に着け、
自分の引き出しが増えました。

こんな風に
自分で自分の行動を
言葉で振り返ることが
必要なんじゃないか、と思います。

適切な振り返りができると自分が強くなる

 

忙しくて流されることも多いですが
振り返って振り返って
自分をどんどん
強くしていきます。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日も頑張りましょう。
ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 姿勢のルールは守りましょう
  2. デジタル化の3段階とは?
  3. 目的にためにやるべきことをやる
  4. 人はハッピーに集まる
  5. 次の一歩を早く出す
  6. Google lens 使ってみました
  7. 阿波踊りに見る、対立(コンフリクト)の仕組
  8. 視点を先にしよう
PAGE TOP