Loading

ブログ

ちゃんとした税理士さんもいっぱいいますよ

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

チュートリアルの
徳井義実さんの申告漏れがあらわになりました。

額としては1億2千万円。
しかも、3年間申告してなかったという・・・
ちょっと驚きでした。

で、次には当然、この疑問が来ます。
「顧問の税理士さんは何をやっていたんだろう」って。

思いませんか?
僕はめちゃくちゃ思いました。
いるでしょ、当然って。

それに対して、徳井さんはこんな回答でした

「・・・決算の時に申告しないといけませんよと連絡が来まして・・・・
延び延びになっていって、来年まとめて申告しようとなって、
また申告の時期がきて・・・」

えー、
居たけどうまく機能しなかったってこと~(-_-)

中にはこのやり取りを見て
「だから税理士なんて頼れないんだよ」
なんて思う方もいるかもしれません。

だって、徳井さんクラスの方が
税金納めてなかったら
大問題になることは
誰でも容易に想像つきますよね。

それを防げなかったのは
うーーん・・・なんでだろうって
税理士さんの対応に
疑問は残ります。

(まぁ、もしかしたら、
税理士さんからは何百回催促しても、
徳井さんが対応してくれなかったのかもしれないですけどね)

でもね、
世の中、そんな疑問符の残る
税理士さんばかりじゃないっすよ。

自分は言うことは言った、
後は会社の責任だから知らない、なんていう税理士さんが
いることも確かですけれど、
そうじゃない立派な税理士さんもいっぱいいますよ。

社長と一緒に会社の未来を真剣に考えたり、
会社がピンチの時には
何よりも優先して社長と一緒に対策を考えてくれる
税理士さんも大勢います。

僕が関わっているクライアントで
先週の台風騒動で資金繰りがピンチになった時、

僕と連絡を取り合いながら、
どの金融機関に相談に行くのが適切かアドバイスをくれたりする
頼りがいのある税理士さんもいます。

だから、ぜひ
そういう素晴らしい税理士さんを
見つけて下さいね。

・・・さてさて、
そんな税理士さんも多く登場する
日本キャッシュフローコーチ協会のMVPコンテスト
11月25日、東京・後楽園ホールで行われます。

キャッシュフローコーチの精鋭6人が
どうやってクライアントの成果に貢献したかを
10分間に凝縮してプレゼンします。
参加者にとっては大きな学びの場になります。
今年はそのうち3人が税理士ですね。

代表理事の和仁達也先生の講演は
20年にもわたるクライアントとのストーリーです。
赤字が続く苦しい場面をどうやって乗り越えてきたか、
そんな話をしてくれます。

素敵な税理士さんと巡り合える可能性もある
日本キャッシュフローコーチ協会
第4回MVPコンテスト2019
お申し込みは↓から

https://www.jcfca.com/mvpc/

ちゃんとした税理士さんもいっぱいいますよ

専門家として改めて、
クライアントの命運を左右するという
立場の重大さを認識したいと思います。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日も一日、頑張って行きましょう。
ではっ


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. プロの仕事に感服したっ!
  2. ビジョンなんていらない
  3. 経営計画発表会に参加してきました
  4. 箱といえば○○
  5. 一体になるってこういうことだ
  6. 学んだことをお返しする時
  7. お金の見通しは立てましょう
  8. 言葉が変われば運命が変わる
PAGE TOP