Loading

ブログ

RPAは画像を見つけて動いてくれます

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

最近、いろいろな方に
お話を聞いています。

ITに詳しい中小企業診断士、
医療業界に詳しい方、
クリニックの院長、
300床位の病院の事務長の方、
医師会の方、
医療業界のコンサルタント、
市議会議員の方、
営業コンサルタント、
マーケティングのコンサルタント、
100〜200名くらいの会社の経営者・・・

目的は
どういった会社様に
RPA、AI-OCRという技術が
お役に立てそうかを
知るためです。

書けること、書けないことあるので
全ては書きませんが、
分かったのは
「まだまだ知られていない」
ってことです。

だから、もっともっと伝える努力が
必要なんだなぁ・・・ってことです。

で、RPAは
「繰り返し」とか「定期的」の
作業を任せるのに
向いています。

先日紹介した
「毎月請求書を作る」
なんてのはまさにその作業ですが
それを楽にできるようにしているのが
「画像認識」の技術です。

画面上で
「○○のボタンを認識してクリックする」とか
「△△のテキストボックスに入力する」とか
人間が無意識的に
判断して行っていることを
やってくれるのです。

たとえば、ログインのボタンを見つけて
クリックしてくれる、とかですね。

これが出来るので
可能性が広がるんじゃないかなって
思ってます。

RPAは画像を見つけて動いてくれます

楽になるだけでなく
楽しい使い方が
出来そうな気がしています。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日も頑張りましょう。
ではっ


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 第三者目線の必要性
  2. 納得できる決断を
  3. 識学を語ろう~6.恐怖【恐怖をなくして集中する】~
  4. 大掃除は目に見えるものだけじゃないっ!
  5. 会議の目的を思い出すキーワードは?
  6. 疑うより信じた方が楽しいことがある
  7. 弱さをさらけ出せる組織
  8. 未来を予想しようぜっ!
PAGE TOP